Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
中野区 日野崇
hinotakashi0407@gmail.com

中野の未来へ。

誰よりも真剣、そして動く!

 


■若き「行動派」。次代を担う「新戦力」! 

 

困った人のため、すぐ動く「行動派」。次代の公明党を担う「新戦力」。北海道で生まれ育ち、小・中学校で大回転に出場したスキーとサッカー、高校ではバスケに熱中。全校のマラソン大会で学年1位に輝いたスポーツマン。筋トレを20年間持続するなど、厳寒の地で培われた忍耐力が持ち味です。大学時代は電気工学を学び、卒業後、システム開発の職に。その後フリーランスのシステムエンジニア(SE)として、官公庁のシステムづくりや大手百貨店のショッピングサイト構築など、数多くの仕事を手掛けてきました。仕事を通じて、システム構築による行政のムダ削減や、人と人とのネットワークの重要性を痛感。行政と住民のパイプ役に徹し、「公明党のネットワーク力を生かして住民の声を区政に」と決意しました。どこまでも「人が原点」を信条に、住民本位の政治をめざします。

 


■「弱者」に寄り添う政治が原点。子育て世代を応援します!

 

日野たかしの政治の原点は、小児喘息の長男と心臓病を患う長女を育ててきたことにあります。長男が入退院を繰り返す中、公明党が実現した乳幼児医療費助成制度で家計の負担は軽減。「助成制度がなかったら、一家はどうなっていたのか。弱者を守り、子育て支援ができるのが政治だ」との思いが政治を志す原動力となりました。2児の父である日野たかしは、子育て世帯を応援するため、子育て支援策の充実や男性が子育てに関わりやすい環境づくりに情熱を燃やします。

 


■「安全・安心」に暮らせる中野めざします!

 

学生時代から中野に住んで15年。転出入が激しい地域事情を踏まえ、「子どもからお年寄りまで中野にずっと暮らせる街づくり」への構想を膨らます日野たかし。子どもの安全を守り、高齢者が暮らしやすいバリアフリーの街をつくるため全力で働きます。地域のコミュニケーション環境を整備するため、商店街の振興策も推進します。「人と人の絆をつなぐ街に」。新たな街づくりのトップランナー・日野たかしは、「安全・安心」な中野を創生するため、全力で走り抜きます。