孤立しがちな母親を心身両面から支える制度づくりの実績です。

妊娠・出産・子育ての相談に応じる『母子保健相談窓口アイティ』や保育園等の案内窓口『子育てナビ』を設置しました。

市川市議会公明党は、妊娠から育児までを切れ目なく支援する「子育て世代包括支援センター」の設置を訴え、実現したものです。

 

市川市は子育て世代の身近な相談場所・『母子保健相談窓口「アイティ」』を市内4カ所にオープンしました。

 

アイティ4か所(①保健センター2階、②南行徳保健センター4階、③行徳支所2階、④市川駅南口「ザタワーズイースト3階」)

 

『母子保健相談窓口「アイティ」』は、保健師・看護師が妊娠・出産・子育て関する様々な相談に応じる窓口で、妊娠期から子育て期にわたり切れ目ない支援を提供できるよう、一人ひとりにあったサービスを案内します。

 

『子育てナビ』は、支援専門員(子育てナビゲーター)が就学前の子どもの預け先に関する相談に応じ、保育園・幼稚園探しをお手伝いします。

働き方やライフスタイルが多様化する一方で、利用できる預け先も選択肢が増えています。『子育てナビ』では、各家庭のニーズに合わせた預け先選びのポイントや市内各施設の情報提供や、入園手続きなどを行い、子育てをする家庭をきめ細かくサポートします。

 

 ※子育てナビ2か所(アクス本八幡、行徳支所

 

この他に、市川市の独立した窓口として『出張子育てナビ』があります。地域のこども館等、利用者の身近な場所に窓口が出向き支援します。

『出張子育てナビ』も是非ご利用ください。

 

 

 

 

 

Twitter
外部リンク
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
トップページを更新しました。
    サイト管理者
    市川市 中村義雄
    nakamurayoshio@outlook.jp