本日、四日市市議会 2月定例月議会が閉会しました。

公明党が中心となり提案した「認知症施策の推進を求める意見書」を全会一致で可決しました。

認知症施策のさらなる充実、加速及び認知症施策推進基本法の制定を政府に求める意見書です。

国・県・市がきめ細かく連携し、認知症施策に取り組まなければならない。私たち公明党は、その推進役、けん引役を担わなければならないと決意しています。IMG_0835

コメントは受付けていません。