障がい者雇用の課題は、雇用率だけではありません。雇用の継続の視点は重要です。雇用の継続を実現するために、障がいの特性に応じた正確に理解が経営者及び従業員の方に求められます。それに伴う雇用環境の創意工夫が大切だと思います。会社側と障がい者の家族との双方向の情報共有は、雇用の継続には必要不可だと思います。
障がい者の雇用環境の進展及び創意工夫は、障がい者差別解消法の合理的配慮の促進そのものです。障がい者の皆さんのエンパワメントが発揮できる社会は、すべて人にとって生きやすい、優しい社会だと信じています。

コメントは受付けていません。