公明党が虐待から子どもを守る緊急提言を政府へ申し入れた。
民法の「懲戒権」規定の時代に適さず、誤った親権の行使に使われないよう法整備や全国の情報共有システムや児童相談所の体制整備等を求めるものです。
公明党 四日市市議団においても、中核市をめざす四日市市として家庭児童相談室の体制整備等機能強化を求めています。
中核市は児童相談所の設置は、「できる規定」です。現在、四日市市は中核市移行に際して、児童相談所の設置の意向は示していません。私たち公明党四日市市議団は、中核市移行に際して児童相談所設置していくべきであると考えています。
命を守る。子どもの未来を守る。この想いを具現化する為に努力する所存です。

コメントは受付けていません。