バックナンバー: 2016年 10月

高次脳機能障害者の支援について、言語聴覚士の視点・支援コーディネーターの視点・患者、家族の視点から濃い内容。患者である青年が、「違いを認めあう社会へ」と希求する言葉が胸にしみました。