さわだ晃一のTwitter
公明党広報のTwitter
さわだ晃一のケイタイサイト
ケイタイからご利用の方はこちらのご利用ください。

◎ケイタイサイト http://www.komei.or.jp/km/nagoya-sawada-koichi/
さわだ晃一のケイタイサイト

◎Twitter http://twitter.com/19mensawada さわだ晃一のTwitter
外部リンク
サイト管理者
名古屋市 澤田晃一
sawada51@zc4.so-net.ne.jp

 現在、深夜1時まで保育を行っている認可の夜間保育園は名古屋市内に4施設あり、合計で76人が利用しています。一方、24時間開設している保育施設は全て認可外保育施設であり、市内に15か所、0歳から5歳児で197名が利用登録しています。
 このように多数の利用登録がある背景には、認可の夜間保育園が閉まる深夜1時間以降にも保育ニーズが存在しており、こうした働き方をしている保護者にとってみると、申し込み前の保育所を検討する段階から、すでに認可の夜間保育園を選べないといったケースがあるからではないでしょうか。
 
 たとえ夜間保育園であっても認可保育所としての質の高い保育が提供されれば、昼間の保育所と同様に子どもに望ましい影響が見られるとの研究結果もあります。
 参考までに認可の夜間保育園と24時間開設の認可外保育施設の質を比較してみると、登録児童一人当たりの保育士の割合は、認可の夜間保育園で0.39人となっている一方で、24時間開設の認可外保育施設では、認可の1/3以下である0.12人しか配置されていません。さらに利用児童一人当たりの面積でも認可の夜間保育園が平均で4.7㎡であるのに対し、24時間開設の認可外保育施設では平均3.45㎡と認可に比べ、3割弱狭いスペースで保育が行われています。
 
 主な政令市などで24時間保育を行っている認可保育所は、東京都、横浜市、大阪市にそれぞれ1カ所開設されています。
 夜間24時間保育の先駆けとしては、新宿区・大久保にあるエイビイシイ保育園が有名です。基本開所時間は、午前11時から午後10時までですが、前後の延長により24時間開所しています。利用しているのは国家公務員や医者、看護師、会社員、報道関係者など夜勤や勤務時間が極めて不規則な業種の方が殆どのようです。もちろん保育園には決められた一日の生活リズムがあり、家庭にいるのと同じように食事などし、夜は9時には就寝するそうです。
 エイビイシイ保育園の先見性は、園の隣の建物を買い取って夜の10時まで子どもを預かる夜間学童にしている点にも表れています。保育園を卒園しても保護者の勤務体系はさほど変わらないからです。

 昼間の保育では、立地条件や教育方針、施設の充実度などを加味し、あえて認可外保育施設を選ぶ場合もあると聞いていますが、夜間については名古屋市内の認可保育所が24時間に対応していないため、頻繁に深夜1時を越すような時間帯まで保育を必要とする保護者にとっては、認可外保育施設を選ぶしかありません。
 
 24時間保育はセーフティーネットです。名古屋市でも認可保育所における24時間保育の実施について検討を始めるべきなのです。

コメントは受付けていません。