さわだ晃一のTwitter
公明党広報のTwitter
さわだ晃一のケイタイサイト
ケイタイからご利用の方はこちらのご利用ください。

◎ケイタイサイト http://www.komei.or.jp/km/nagoya-sawada-koichi/
さわだ晃一のケイタイサイト

◎Twitter http://twitter.com/19mensawada さわだ晃一のTwitter
外部リンク
サイト管理者
名古屋市 澤田晃一
sawada51@zc4.so-net.ne.jp
バックナンバー 2016年 4月

20160429173043_00001
平成29年4月1日までにオープンする予定。
飲食施設としてカフェ・レストラン、スポーツサービス施設としてラン・サイクルステーションの他、スポーツショップも併設されます。もちろん駐車場(75台)も整備されます。

イメージパースにある階段を上ると名古屋城が見渡せるそうです。
名城公園を含む周辺地域の魅力向上に今後も取り組んでまいります。

 名古屋市としての支援活動の経過です。
 4月16日(土)応急給水タンク車2台・緊急自動車3台で給水活動を実施。派遣職員11名を10日間派遣。
 4月17日(日)食糧4万8,000食、紙おむつ3万5,000枚等を搬送。
 4月18日(月)下水調査支援のため職員13名を派遣。災害派遣医療チームとして医師・看護師5名を派遣。
 4月19日(火)被災者の健康相談・衛生対策のため保健師4名を派遣。
 その他、名古屋市内では、被災者への公営・公社住宅の提供も始めます。

 現地に赴いた職員の情報によれば、「人手不足により支援物資の運搬や積み下ろしに時間がかかっている。熊本市役所では支援物資が全国から集中し、積み下ろしまで10時間待ち。各区役所では倉庫に入りきらない支援物資が野積みになっている。その一方で熊本市内では、コンビニやスーパーなどが通常営業しているところもある。余震の影響もあり、ようやく昨日から熊本県内でボランティアの受け入れを開始。」などの報告がありました。

 
 先週末には、名古屋駅にて「熊本地震被災者を支援する県民の会」の活動に協力。一緒に募金活動を行いました。
 
 今後も正確な情報をもとに的確な支援を行っていきます。

 名古屋市では伊勢志摩サミット歓迎事業として2千万円の予算を計上しています。
 この予算は、アウトリーチ国(サミットで議論されるテーマに関係するG7以外の国)首脳などの関係者に対して、県と共同で歓迎事業を行うためにつけられています。

 首相官邸の発表によれば、アジアからは、ラオス、ベトナム、インドネシア、バングラデシュ、スリランカ、パプアニューギニア、チャドの首脳が招待されるほか、国際機関からは、国連、経済協力開発機構、アジア開発銀行、国際通貨基金、世界銀行の長が招待され、アウトリーチ会合が開催されます。
 洞爺湖サミットの例を見ても、その宿泊先が札幌であったように、今回は名古屋市内に各国の要人・実務者の多くが宿泊することになるでしょう。更にG7も含めたメディア関係者の大半は名古屋駅に降り立つはずです。これらの事柄は、世界の成長をけん引するアジアの中から招待された、成長著しい国々の要人にとって、リニア中央新幹線計画や水素自動車などの産業は自国の未来図に映るでしょうし、名古屋の都市魅力を世界中のメディアに売り込む絶好の機会となるはずです。

 今、大村知事は、この好機を逃すまいと精力的に情報発信に努めています。
 今、河村市長は、この好機を逃すまいと精力的に情報発信に努めています。

 同じ文面ですが、愛知県と名古屋市を引っ張る、お二人のリーダーの見つめる先は随分と違うようで、ガッカリです。