さわだ晃一のTwitter
公明党広報のTwitter
さわだ晃一のケイタイサイト
ケイタイからご利用の方はこちらのご利用ください。

◎ケイタイサイト http://www.komei.or.jp/km/nagoya-sawada-koichi/
さわだ晃一のケイタイサイト

◎Twitter http://twitter.com/19mensawada さわだ晃一のTwitter
外部リンク
サイト管理者
名古屋市 澤田晃一
sawada51@zc4.so-net.ne.jp
バックナンバー 2016年 3月

 東海豪雨からちょうど15年後の同じ日。昨年の9月11日、記録的な大雨により茨城県常総市で鬼怒川の堤防が決壊し大きな被害が発生しました。当時、決壊現場に最も近い自治区には、避難勧告も避難指示も出ていなかったことが明らかとなりました。

 名古屋市では市民に警戒宣言、避難勧告などの緊急防災情報をサイレンや音声でお知らせする「防災スピーカー」を増やすことが決まりました。
 しかし、聴覚に障害がある方など、条件によっては市からの情報が受け取れない場合もあることや、何かの混乱によって、常総市のように避難に関する情報すら出されないこともあるかもしれません。
 こうした状況のもとでも、市民の自主的な避難を促すため時間当たりの降雨量や川の水位、雨雲の動きなど、重要な情報を手軽に得られるようにしておかなければなりません。

 スクリーンショット 2016-03-17 20.26.41現在、名古屋市では「地震防災アプリ」が配信されています。これは、スマートフォンやタブレット端末で、名古屋市で想定される予測震度や津波浸水深のほか、避難所などの情報を表示するアプリです。
 巨大地震と違い、台風や集中豪雨は、毎年のように起こる可能性があります。特に庄内川などの大きな川の近くに住んでいる市民にとって、水害は最も恐ろしい災害のひとつです。

 そこで、平成28年2月議会で市民が最も備える必要がある水害に対して、市民の避難行動の際に参考となる情報が手軽に得られる「名古屋市水害防災アプリ」を作成を提案しました。
 防災危機管理局からは「地震防災アプリ」に「水害防災アプリ」の機能を追加し、今年の台風シーズンに間に合うように配信するとの答えがありました。

 皆さん、ぜひダウンロードをお願いします!

 名城公園の中に飲食を楽しめる空間やスポーツをする市民が利用できるサービス施設が作られることになりました。
 現在、平成29年度中の開業を目指し、すでに民間事業者からの提案募集が行われています。
 
 週末には近隣の住民のみならず、市民ランナーや親子連れなど多くの方が名城公園を利用しています。もっと快適に楽しんでもらえる公園に整備すべきと平成26年9月議会で質問をしました。
 
 今回、提案募集が始まったことで、議会での提案が実現されることになりました。

提案対象地区。向かいには愛知学院大学名城キャンパスがあります。

提案対象地区。道を挟んだ向かいには愛知学院大学の名城キャンパスがあります。

「名古屋飛ばし」という言葉。
話題のミュージカルやオペラなどの公演が、なぜか名古屋市を通り越して他の大都市で開催されてしまうことを表した表現のようです。
2015-12-24 15.51.21
 そこで、名古屋での歌舞伎やミュージカル・演劇の興行がどのくらい行われているか、日本演劇協会が監修・発行している「演劇年鑑2015」から独自に集計してみました。

 まず、一つ目は、平成26年中に松竹、東宝、宝塚歌劇団、劇団四季の各社の主催公演が行われた回数を東京、名古屋、大阪に分けたものです。
 東京が4,331回、大阪が1,256回に対し名古屋では391回しか公演が行われていません。

 二つ目は、同じく平成26年の一年間で三大都市にある主要劇場で上演された歌舞伎やミュージカル・演劇などの上演回数をまとめたものです。

 東京が10,422公演、大阪が2,304公演に対し、名古屋では747公演しか行われていませんでした。
 しかも、御園座が工事中のため、公演が中日劇場と名鉄ホールに集中しています。名鉄ホールは既に閉館。仮に中日劇場が建て替えなどで閉館となった場合、名古屋での上演数は、わずか96公演となってしまいます。

 この調査で、いわゆる「名古屋飛ばし」の実態が数字のうえからも浮き彫りとなりました。加えて私の調査では、少なくとも年間延べ150万人以上の市民がわざわざ東京や大阪まで出向いてエンターテイメントを楽しんでいることが推測されます。仮に、これら取りこぼしている約150万人の観客を市内に引き戻すことができただけで、少なくとも年間で約83億円の売り上げ増が見込まれ、さらに経済波及効果は、推計10年間で1,400億円と非常に大きいものとなります。
 
 まずは、この150万人の観客を名古屋に呼び戻すための方策を一刻も早く考える必要があるのでないでしょうか。