Archive for 2014年 9月

今月の公明新聞の購読推進が目標の40部を達成することができました。今月は通常の締め切り日のを過ぎてしまい販売店さんには大変御無理を言いました。反省しています。

購読推進はもっと早くから取り組んで目標を完遂してまいります。今回は特にラスト10部からが大変でした。

地べたを這うような市民相談などから思いもかけず購読が4部推進できました。嬉しいです。今月も必死に頑張って40部を推進しましたがそれでも来月の実配部数は今月と同じ190部です。維持することだけでも本当に大変です。

いつの日か必ずまた、実配部数200部以上になれるよう頑張ります。

今朝の富田公園の駐車場脇のゴミです。フェイスブックに投稿しましたら、次のような貴重なご意見がありましたので紹介いたします。

「花を植えるとゴミが減るそうです。何か工夫が必要なのでは無いでしょうか?個人の善意を期待したいところですが、腹を立てたところで何も変わりません。ゴミを捨てた人は拾ってくれている人の存在を知りません。きっと昼間か夜に捨てているのでしょうから。」

ゴミを拾っている人がいることをアピールすることと、ゴミを捨てにくいような整備としてお花を植えることも必要ですね。

中川土木事務所へお伝えしよう!

先日から、市営住宅の資源のゴミ置き場への不法投棄が問題なっていました。

私は、中川環境事業所と相談してこの度、写真の様な黄色い柵に「警告」として不法投棄や収集日以外にはゴミを出さないように看板を設置いたしました。私が即、動いて対応したことが住宅の皆さんに喜んで頂いています。

今日は地域を回っている中で、以前から課題であった危険ヶ所にカーブミラーが設置されていました。地域では子どもたちも多く角地で死角になっていてとて車同士の事故による子どもたちが巻き添いになる危険性もありました。待望のカーブミラノ設置でよく見えるようになりました。これで地域の皆さんもひと安心です〜

今晩は、夜7時から地域の方と知人宅を訪問し挨拶いたしました。訪問先のお宅から自宅横の用水に子どもたちが入り込んで危険との指摘がありました。

早速、土木事務所と相談して安全対策の白い柵を設置いたしました。地域の皆さんもこれで安心と大変喜んで頂きました。即、行動することが大切と改めて実感いたしました。

今日は名古屋駅の街頭募金を終了したあと、夕方から地域の有力者を党員さんと挨拶に伺いました。途中を歩きながら党員さんご夫婦からのお話しで、以前、党員さんが住んでいらっしゃる団地の前で私が街頭演説をしているのを党員さんの知人が聞いていたそうです。その場所は12年間でわずかに4回ほどしか街頭演説をしていませんがたまたま私の話を聞かれて「この人に決めた!」というのです。理由は、私の話が誠実で分かり易くスッキリしているとのことでした。そして、終了後にN木材さんにお騒がせしましたと、挨拶をしに行ったことも知っていらっしゃるのです。私もそこまで言われた事は初めてでした。
これからも、1回1回の街頭演説は誰が聞いていようがいまいが誠実に真剣に訴えていくことが大切な事がよくわかりました。これからも全力で街頭に立ちます。

今日は午後1時30分から、名古屋駅前の4カ所で広島市の土砂災害救援募金活動に愛知県民の会の皆さんとともに愛知県の公明党の国・県・政令市の議員が募金活動に参加しました。
私が参加したグループでは荒木清寛参院議員をはじめとして、名古屋市会議員の三輪芳裕・はせがわ由美子、木下まさるが順次マイクを握り真心の募金をお願いいたしました。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
名古屋市 木下優
kinoshita@b.email.ne.jp