Archive for 2011年 8月

昨日、戸田川にかかっている古い橋がもろくなっていて鉄筋の入っていないブロックが崩れました。子どもたちが増水した川で泳いでいるカメを見ようとブロックに寄りかかったところ倒壊してしまいました。

当時4人の子どもたちtが被害にあって一人が逃げ遅れて足の親指を骨折するケガをしてしまいました。今朝早速、中川土木事務所へ連絡して危険な橋を渡れないように柵を設置し、子どもたちがケガをしないように対策を講じました。

迅速に動いて対応したことに、ご指摘をいただいたご家族や地域の児童委員も安心されていました。

その地域の公明党支持率のバロメーターとして公明新聞の購読者数はもとても大切です。

私は、毎月毎月、公明新聞の購読推進では力を入れています。

少しでも、地域の皆さんに公明新聞を読んでいただき、公明党の素晴らしを理解していただけるよう党勢拡大に頑張っていく決意です。

今晩は、夜7時から中島中央公園で夏祭り納涼盆踊り大会に行ってきました。いつもお世話になっている喫茶店のマスターの紹介でやぐらの前でご挨拶もさせていただきました。

8時からは仮装大会も披露される予定でしたが、時間の都合で見ることができず残念でした。

 

総務環境委員会として8月24日(水)午後、鹿児島県の知覧特攻平和会館を視察。

大東亜戦争(太平洋戦争)の戦局は速に最悪の事態を迎え、昭和20年春には遂に本土最南端の陸軍特攻基地となった知覧では、20歳前後の若い隊員達が、日本の各地から終結しては、家族を想い・国の将来を想って、出撃していった。

出撃の時、特攻隊員の食事の世話・洗濯・繕い物や兵舎の清掃など身の回りの世話をした高等女学校の生徒さんや地元の方々が、「必死」、必ず死ぬことが分かった特攻隊員を見送るとき、筆舌に尽くしがたい気持ちになったという。

「お母さん」「お母さん」と、突撃する寸前まで叫び続けて散っていった若き特攻隊員の命を考えるとき絶対に戦争は反対であり、絶対に起こしてはならないと深く決意し誓いを固めました。

8月18から19日にかけて視察に行ってまいりました。

島根県安来市の足立美術館では日本一の庭園を見てきました。写真は、「白砂青松庭」の一部で、横山大観の名作「白沙青松」をイメージして造られた庭園です。白砂の丘陵には、右に黒松、左に赤松を配置し、対照的な調和を生み出していました。

近所の市営住宅のラジオ体操に昨日から参加しています。

自治会長の提案で夏休み後半から朝起きる癖をつけて新学期を朝寝坊することなくスタートできるよう工夫して行われています。

私も、近所なので仕事がないがきりできるだけ参加して身体を鍛え、皆さんにご挨拶もして近隣友好に努めています。

写真は、朝のラジオ体操に元気な子どもたちも参加している風景です。私のデジカメで撮りました。

中川区富田公園でまた一つ発見しました。

昨日、ウォーキングをしていたらエゴノキとハナミズキにそれぞれ名札がついていました。

以前から、戸田川発見隊の皆さんでお花に名札が付いていたのを見て公園利用者からお花の名前がわかってとっても良いと評判だったことから、私が土木事務所にお願いしたところ職員のみなさが廃材を利用して手作りで真心の名札を作ってくださいました。

お金ではかえられない真心を感じませんか。土木事務所の皆さんに感謝致します。ありがとうございます。これからもよろしくお願い致します。

戸田川が流れる富田公園は近所の保育園の子どもたちや小学校の児童も川のお魚や公園の草花ついて学習にきます。皆さんに愛されているとっても綺麗な公園です。

 毎朝、多くの皆さんにウォーキングなどで利用されている富田公園に新しい時計塔が設置され喜ばれています。

2年ほど前から公園利用者からよく見える場所へ時計を設置してほしいという要望がありこの度実現しました。

この時計塔は富田公園を流れる戸田川の春幡橋を歩いている人や車からもよく見えており上々の評判です。そして、公園内でウォーキングをしている人や、グランドゴルフや野球などで楽しんでいる高齢者や子どもたちにもよく見える大変良い位置に設置されています。

今朝、ウォーキング中に、携帯カメラで撮りました。これからも、市民に喜ばれる施設にしてまいります。

  

 7月中旬、エレベーターのない市営松下荘のタウン棟(階段室型住宅)では、1~11棟の全てに待望の手すりが設置され皆さんに喜ばれています。

入居者からの市民相談で提案があり1~2階への階段は両側に手すりが必要です。これまで2階へ上がる右側階段通路にはつかまるところがなく高齢者や障がいのある方がとても不自由をしていました。

私は6月にお聞きしスピード解決。手すりが設置された後も、身体をこわされた年配者から感謝されました。これからも高齢者・障がいしゃの皆さんの住みよい住宅にしてまいります。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
名古屋市 木下優
kinoshita@b.email.ne.jp