【6月24日の公明新聞記事】で紹介。
名古屋市は今年度、コインポスト式自転車等駐車場(駐輪場)で、機械トラブルによる料金の返金を簡便な方式に改善するとともに、トラブルの際の連絡先を大きく掲示し、分かりやすくした。
 これは、通常1回100円の料金のところ、カギが開かず余分に支払うトラブルが起こっていたもの。市が同駐車場を直接管理していた時には、その場で利用者に返金していた。しかし、市が民間会社に事業を委託したことで郵便為替による返金方式に変更され、利用者が郵便局へ行く手間が掛かっていた。
 区内に住む酒井辰巳さんは同駐車場の管理に従事している人から、こうした実情を聞き、公明党の木下優市議に相談。同市議は緑政土木局に改善を要請し、トラブルに遭った利用者に現金書留で返金することになった。
 

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
名古屋市 木下優
kinoshita@b.email.ne.jp