昨日11月29日月曜日名古屋市会11月定例会の本会議で質問に立ちました。
1、「特別支援学校高等部の産業科について」
2、「市営住宅の課題について」
3、「高齢化社会における市民生活の向上のための市バス利用について」
以上3点についておたずねしました。
1、特別支援学校高等部産業科は来年の4月からスタートします。
軽度の知的障害の生徒が新しい学科の「福祉コース」や「流通・サービス
コース」・「ものづくりコース」で学び、専門のコーディネーターによる
職場開拓で自立のための就労が期待されています。
2、市営住宅の課題については、高齢化に伴う自治会活動の低下と、
高い応募倍率という2つの問題などお尋ねしました。
3.「高齢化社会における市民生活の向上のための市バス利用について」は、
地域巡回バスなどを高齢者の多い地域を通るように質問し、検討される
ようになります。また、バス停から1キロはなれている万場北荘などで
署名活動がおこなわれバス乗り入れを強く主張いたしました。

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
名古屋市 木下優
kinoshita@b.email.ne.jp