バックナンバー: 2019年 5月

IMG_0786

去った令和元年5月15日に「離島・過疎を含む沖縄県北部地域に住民の命と健康を守る基幹病院の早期整備を求める」住民の会と公明党沖縄県本部で実施した署名活動で集まった2万2319人分の署名を国(大口厚労副大臣)へ届けた模様が地元新聞に掲載されました。

その前日の5月14日には、参議院厚生労働委員会において、公明党の河野義博参院議員が関連質問で厚労省・総務省・内閣府から「地域医療介護総合確保基金」が活用できるとの答弁を引き出していました。

これにより、沖縄県の今後の取り組みに北部12市町村住民の皆様は大きな期待を寄せている。