CA3I01800001.jpg CA3I01740002.jpg

また、仙台国際センターでは先ほどの会議棟とは別に新しく展示棟を作っています。
写真はその工事中のものです。
2014年末に完成予定で、2015年3月にここで国連防災世界会議が開催されます。

この新展示棟は総事業費約28億円、国の交付金等を活用し、仙台市の負担は3分の1ぐらいだそうです。
この建設の最も大きな特徴は、土地が国所有であり、今回の建設に当たって無償貸与で仙台市が利用できた事です。
その結果、かなりの投資または維持管理コスト削減を実現しています。

長崎市においても、あらゆる角度から投資コスト等建設から運営維持管理までフルコストを予測して、市民負担がなるべく小さくなるよう、また儲かるような事業計画を立てなければなりません。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
長崎市 永尾春文
harusigi27@gmail.com