バックナンバー 2014年 2月
CA3I0984.jpg

2月7日金曜日午前中、立山公園の樹木等による台風被害の対策について、地元住民のお宅を訪問しました。

協議には、長崎市の都市計画部長、都市計画課長、みどりの課課長、係長も同席して、これまでの経過などをお聞きしました。

被害にあった住民の方のお話しを聞くにつけ、これまでの市の対応に疑問を感じます。

住民の安全をどう守っていくかという観点が重要です。

CA3I0392.jpg

子供の頃、自転車で一気に駆け上がっていた坂道です。

駆け上がる度に、休み無く駆け上がった事に一人満足していたのを思い出します。
青いごく普通の自転車でした。

過ぎ去った時間の場所に今立っている事が不思議な気がします。

登り切る時の渾身の力を込めて踏むペダルの感覚や息の苦しさ、ハンドルに自分では全力で踏ん張ったつもりの腕の感覚…

あの記憶は確かに自分だったと思うのですが、もう二度と帰ることないものだと思うと、その事はまるで夢のようです。

CA3I0963.jpg CA3I0965.jpg CA3I0969.jpg CA3I0970.jpg

軍艦島に上陸。

平日月曜日午前の上陸にかかわらず、なんと一隻で100名以上の上陸です。ランタンフェスティバルの効果だそうです。

ランタンと、軍艦島上陸観光との相乗効果で観光客が増えてようです。

現在、上陸船は長崎港からだけでも4つあります。時間をずらして順番に上陸するそうですが、島内では合流する場合もありますので、一時の上陸者数は更に多くなります。

今後、世界遺産登録後には観光客が激増する事が予想されます。
現場の意見を取り入れ、よりスムーズな受け入れが可能な上陸のあり方を含めた体制づくりが必要だと感じました。

CA3I09580001.jpg CA3I0955.jpg CA3I09540001.jpg CA3I0959.jpg CA3I09600001.jpg

2月3日月曜日午前10時、長崎市常盤桟橋にある軍艦島コンシェルジュに調査に来ました。

目的は、世界遺産候補になった軍艦島の上陸観光のあり方を調べるためです。

公明党の川崎県議、向山、久市議と私4名で調査しました。

CA3I03910001.jpg

2月3日火曜日朝7時15分から、長崎市浪の平交差点で通勤の皆さんに朝の街頭あいさつをしました。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
長崎市 永尾春文
harusigi27@gmail.com