バックナンバー 2013年 11月
CA3I0766.jpg

11月19日火曜日午前、東京都千代田区にある日本コンベンションサービス株式会社を訪問しました。

今回の調査の目的は、核保有国を中心とした核兵器廃絶サミットの長崎市誘致の可能性と現在長崎市が検討している200億規模のMICE施設建設運営の可能性についてです。

国際会議や企業の展示会を運営する企業をPCOと呼びます。
このPCOがなければ、10000人規模の展示会や国際会議は実施できません。
例えていうと、学校を作っても先生がいなければ、全く意味をなさないのと同じだと思ってもらっていいと思います。

日本においてその先駆けとなったPCOが日本コンベンションサービス株式会社です。

CA3I0765.jpg CA3I0762.jpg CA3I0763.jpg CA3I0764.jpg

11月18日月曜日、生活保護自立支援の調査のため相模原市福祉部地域福祉課を林市議と訪れました。

相模原市では、生活保護を受けている方が出来る限り仕事に復帰出来るように、先進的に様々な支援の取り組みをしています。
また、保護家庭の子どもたちの全日高校進学が悪い事を問題として学習支援の取り組みも実施しています。
更に、中学生だけでなく、高校生なども中退などによる社会からの孤立化を防ぐため、居場所づくりの支援事業も初めていました。

長崎市においても、生活保護を受けている家庭の貧困の連鎖を断ち切るため、効果的な支援を実施していく必要があります。

2枚目以降の写真は、相模原市役所玄関にあったものです。
目的別がわかりやすかったので、長崎市役所にあったかなあと思い、撮ってみました。あったっけ?

CA3I03710001.jpg

学童まつりに参加した後、午後から第5回動物会議に参加しました。

今回はこれまで話し合った内容を確認しながら、12月議会で訴えて欲しい事などボランティアの皆さんから様々な意見を聞く事ができました。

例えば、犬は狂犬病ワクチン接種の義務があるため、登録制になっていますが、実際は購入時ペットショップなどではそのような説明はなく、また人からもらい受ける場合も多く、犬の登録をしない飼い主が数多くいるとの事でした。

CA3I0760.jpg CA3I0759.jpg CA3I0757.jpg CA3I0761.jpg

11月16日土曜日午前10時から長崎市稲佐山野外ステージで第28回学童まつりがありました。

市内の学童の子どもたちや先生、保護者など約4000人の方々が集まったそうです。

バザーやよさこいなどダンスの出し物もあり、子どもたちも喜んでいるようでした。

CA3I0754.jpg CA3I0755.jpg

11月15日金曜日午後7時から高浜公民館で高浜海水浴場整備の説明会がありました。
地元の皆さんもお忙しい中集まっていただいて、様々な意見が出されました。

なんとしても、この事業を成功させて、野母崎の交流人口拡大につなげ、野母崎の皆さんが繁栄するように、また訪れた市民の方が喜んでいただけるような施設にしなければなりません。

市の職員の皆さんも遅くまではお疲れ様でした。

CA3I0751.jpg CA3I0753.jpg

法律相談の後、長崎市の川原宮崎にある畑に行き、大根の間引きをしました。

種を蒔いてから全然行ってなかったのですが、順調に生育しており、早速、間引きをしました。

塩見先生の言う通り、雑草が生えていませんでした。

CA3I0370.jpg CA3I0748.jpg CA3I0747.jpg

11月15日金曜日午前中、市民相談のため、市民の方に同行して、長崎市栄町にある法テラスに行きました。

相続について相談するためです。

その後、家庭裁判所に行き、必要な手続きをしたり、長崎市役所に行き、戸籍などを取得したりしました。

一つ一つ手続きが、一般市民にとって馴染みがなく、分かりにくい事ばかりでした。故に、各行政機関の職員の皆さんの、市民の立場に立った丁寧な説明の重要性を強く感じました。

また、午後からも別の市民の方の損害賠償についての市民相談のため、諌早市に法律相談に行って来ました。

月に一回ある公明党の弁護士による無料法律相談です。
弁護士の方の丁寧な対応は市民の方も安心して相談されているようでした。

CA3I0740.jpg CA3I0741.jpg CA3I0743.jpg CA3I0742.jpg

11月13日水曜日午前10時から長崎市原爆資料館で、学芸員配置について調査しました。

現在、当資料館には学芸員は1名しかいません。広島市の資料館は6名体制で資料の保存整備、企画運営をしています。

写真は、原爆遺品の収蔵庫の様子です。
人類にとって、永遠に伝え残していかなければならない最重要な品ばかりです。

どうする事が最も良いのか、しっかり考えていく必要があります。

3番目の写真は、広島市から寄贈された原爆ドームの模型です。ぜひ、長崎市の資料館に訪れた人が見れるようにするべきだと思いました。

CA3I0732.jpg

11月12日火曜日、三和町の市長との地域懇談会が終わった後、野母崎町に向かい地域を訪問しました。

写真は、脇岬海水浴場の休憩所で、珈琲やお茶を提供している地元スタッフの松下さん(左)や関西から移住して来られた水族館のスペシャリストの政田さん(右)です。

夕暮れ、心地良い音楽と波の音を聞きながら、沖に浮かぶ船の灯りを眺めて過ごす時間はいいですよ。

CA3I0730.jpg

11月12日火曜日長崎市の旧三和町で田上市長と地域の自治会の方との懇談会があり参加させていただきました。

草刈や樹木の伐採、剪定などを地域でやったいるので、ある一定自治会に助成をして欲しい等、様々な意見が出されていました。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
長崎市 永尾春文
harusigi27@gmail.com