CA3I02430001.jpg CA3I02440002.jpg

おはようございます。
昨日は障害者福祉と生活保護について講義を受けました。

障害者福祉は今大きく考え方が変わりそうです。
これまでは、障害は個人の機能障害が原因で生じるとする個人モデルの考え方でしたが、これからは障害は社会の障壁として捉える社会モデルとして考えていくようになるそうです。

大きな流れは2006年に国連総会で採択された障害者権利条約にあり、日本も2008年に署名し、現在批准に向け準備中との事。

ただ、日本国内では障害者の総合福祉部会の提言からかけ離れたものが障害者総合支援法として2012年6月に制定され、今後もあり方を検討していくようです。

障害者権利条約から見た日本の障害者が地域で生活する権利において、
通勤通学といった社会生活のための支援が予定されていない
事は障害者やその家族の方々にとって大変重要な問題だと思います。

写真は、お昼がめっちゃ混んでる様子です。2枚目は食堂から見た木々の緑がとてもキレイだったので撮ってみました。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
長崎市 永尾春文
harusigi27@gmail.com