バックナンバー 2013年 7月
CA3I00780001.jpg CA3I0079.jpg

南部下水処理場の後、午後から長崎市三和町にある南部栄上ポンプ場に行きました。

三和の下水は全てここからポンプで戸町の南部下水処理場に圧送されて処理されているんですよ。

三和町の皆さん、ご存じでしたか?

CA3I00610001.jpg CA3I0072.jpg CA3I00740001.jpg CA3I00730001.jpg CA3I00770001.jpg

翌日7月26日金曜日は下水道視察をしています。
まず午前中は長崎市戸町にある南部下水処理場に行って来ました。
ここでは、約85000人ほどの下水を処理しています。
まち中は新地辺りから茂木の方まで、また三和、香焼の下水もここで処理しています。
最後に残った最終汚泥は業者に引き取られて、肥料など再利用されています。

CA3I0051.jpg CA3I0054.jpg CA3I0056.jpg CA3I0053.jpg

7月25日木曜日、神浦ダムの現場視察の後、手熊浄水場に向かいました。

先ほど述べたように、ここで長崎市の約4割の水道水を供給している重要な浄水場です。

3枚目の水槽の写真は何だかわかりますか?
実はこれは、金魚などを使って水に含まれるかもしれない毒物の監視をしています。
様々な角度から安全安心の水の供給に長崎市は取り組んでいます。

CA3I00420001.jpg CA3I0044.jpg CA3I0048.jpg

今回、長崎市上水道と下水道の視察調査を2日間かけて実施します。
初日平成25年7月25日木曜日は上水道を視察しました。

まず始めに外海町の神浦ダムに行きました。

2枚目の写真で水が注ぎ込んでいる様子がありますが、ここで神浦ダムと雪浦ダムの水が合流し、手熊浄水場まで約10時間かけて流れています。
長崎市の約40%の水が供給されており、南部の三和、香焼、野母崎の水も実はここの水が原水となって流れているんですよ。

CA3I03140001.jpg

平成25年7月23日火曜日午後7時から、香焼公民館で香焼地区の市長との地域懇談会に参加させていただきました。

側溝の改修整備や恵里調整池の水草の除去などいくつかの地域要望を一問一答形式で地元住民がどしどし発言されていました。

CA3I0028.jpg CA3I0029.jpg

最後のかわの義博支援のため、伊王島に来ました。

今年もここ伊王島は観光客がたくさん来そうです。

平成25年7月20日土曜日午後1時過ぎから、出島交流会館で市民の有志の方が集まり、犬猫会議を実施しました。

迷い犬や捨て猫の管理センターでの処分があとを絶たないこと。

迷い犬の問題に関しては、マイクロチップの促進と長崎市の管理センターでの有効活用をしてほしいとの意見がありました。

捨て猫に関しては、飼い主の責任の明確化が重要であり、放し飼いが普通に行われる長崎市において最優先される事は「飼い猫の避妊去勢の義務化」ではないか、という意見に皆さんが賛同されていました。

小さな命を守り、小動物と人間の良好な共存ができる社会を創る事は、安心で住みやすい街づくりの基本だと考えています。
また、地域コミュニティーの改善を促し、地域力を深めるきっかけになると思います。
さらに、生命の尊厳を教える教育環境の根本ではないでしょうか。

市民の皆さんとしっかりと取り組んでいきたいと思います。

CA3I0017.jpg CA3I0948.jpg

戸町2丁目の道路の陥没の補修が終わりました。

長崎市土木維持課の速やかな対応、ありがとうございます!

高齢者の方も安心して歩行出来ます。

CA3I0015.jpg CA3I0014.jpg

野母崎、三和、深堀など長崎市南部をかわのサンバを流しながら走っています!

遠くに見えるのは、軍艦島です。

CA3I0012.jpg

平成25年7月17日水曜日は朝から支援企業の朝礼でかわの支持の最後の訴えに行って来ました。

その後は、長崎南部の推薦団体企業に最後の訴えで走りました。

この写真は長崎市三和町川原の海と空です。

気持ちいいぐらい晴れ渡っていましたよ。パチリ!

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
長崎市 永尾春文
harusigi27@gmail.com