長崎市議会議員  永尾春文 

地産地消公社

未分類 / 2013年7月31日

CA3I01140002.jpg CA3I01160002.jpg CA3I01150002.jpg

平成25年7月30日火曜日午前中、長崎市地産地消公社で私と町田所長と科学者の塩見先生と農業のあり方などを中心に懇談しました。

特に塩見先生がご自宅で栽培されている大根やほうれん草などが大変美味しい事が話題になりました。

実は、思いもかけない工夫が土壌にありました。50センチほど掘り下げ、プールのようにして、その中に写真にある木くずでできたバーク堆肥を底に埋め、培養土を土として使っています。

根がまっすぐ伸びて、大根や皮も食べられるほど柔らかく美味しくなり、ほうれん草も50センチほど大きくなりしかも柔らかくて美味しくなり、お配りした皆さんに大変評判が良いそうです。

生きがい農業を提唱されている町田所長と、詳しくはお伝えできませんが、あらゆる事に精通され長崎県の発展の為、様々な論文を書かれている塩見先生の情熱と知恵が融合し、素晴らしい事業をこの長崎市で起こす事ができるよう私ももっともっと真剣に学んでまいります。

実現 崖崩れ対策 蚊焼港そば

未分類 / 2013年7月27日

CA3I0110.jpg CA3I0109.jpg PAP_0129.jpg

三和町の蚊焼港の漁業組合そばのある事務所の裏です。

直径50センチぐらいの岩が事務所の裏の崖から落ちて来ました。
相談を受けたのが2012年1月でした。

長崎市の土木部が難しい対応を工夫し、実現に尽力していただきました。ありがとうございました。

実現 道路補修 野母崎高浜

未分類 / 2013年7月27日

CA3I0104.jpg CA3I0820.jpg CA3I0105.jpg CA3I0818.jpg

野母崎高浜で受けていた市民相談の道路補修が実現しました。

ここは農道で、茂木ビワの新品種を育てています。

野母崎行政センターの着実な対応に感謝します。

野母崎コミュニティカフェ リップル

未分類 / 2013年7月27日

CA3I0099.jpg CA3I0101.jpg CA3I0102.jpg

今日から長崎市野母崎の脇岬海水浴場でカフェがオープンしています。

キマダシヨ展をやっていました。8月8日までだそうです。

夏の間、朝10時ぐらいから夕方6時ぐらいまで毎日開けてるそうです。

お店の中を気持ち良い海風が流れてました…

脇岬海水浴場のゴミ

未分類 / 2013年7月27日

CA3I0096.jpg CA3I0097.jpg CA3I0098.jpg

今日7月27日土曜日の脇岬海水浴場の様子です。

遠くから見るとわかりづらいですが、近くで見るとなんと大量のゴミが散乱していました。

7月14日地元の皆さんがゴミ収集をされたのですが、沖に流れてたゴミがその後漂着したそうです。

難しいですね。

市民相談 バス停の防風柵

未分類 / 2013年7月27日

CA3I0093.jpg CA3I0094.jpg CA3I0095.jpg

野母崎の港から脇岬に向かいました。

1、2枚目の写真は諸町バス停です。
ここの冬は海風がヒドくバスを待つ市民の皆さんが大変困ってると相談を受けています。
3枚目の写真は脇岬海水浴場のバス停です。やはり、ここも海風がヒドく、しかも砂が叩き付けてきます。

合わせて、対応していきます。

謎の写真

未分類 / 2013年7月27日

CA3I0091.jpg

市営アパートの相談の後、野母崎の港で撮った謎の写真。

実は、市民相談対応で実現したものです。

詳しくは次回報告します。

市民相談 電柱撤去と草刈り対策

未分類 / 2013年7月27日

CA3I0086.jpg CA3I0087.jpg CA3I0089.jpg

平成25年7月27日土曜日午前中、野母崎に市民相談のため行きました。

市営アパートですが、フェンスそばの草刈り対策に住民の方が苦慮されてるとの事。
出来れば、草が生えないようにセメントで固めてほしい、また放置されている電柱を撤去してほしいという内容でした。

週明けにも早速対応していきます。

視察調査 脇岬浄化センター

未分類 / 2013年7月26日

CA3I00830001.jpg CA3I00820001.jpg CA3I0085.jpg CA3I00840001.jpg

高浜の下水処理場の後、最後に脇岬浄化センターに行きました。

ここは脇岬の住民約1500人ほどの下水を処理しています。

オキシデーションディッチ方式を採用しドーナツ状の処理施設が特徴です。

中小規模の処理場として市内でもいくつか稼動しています。

後の2枚の写真はマンホールポンプの様子です。これをいくつか設置する事で、高い場所にある処理場にも圧送する事が出来ます。

問題点は補助電源が無いため、停電時は別に自家発電機を市の職員さん等が据え付けしなければなりません。

以上2日間かけて長崎市の上下水道の仕組みを大まかに調査しました。

これらの事業は市民の安全安心の根本事業です。今後10年20年の将来を見据え、議員もしっかりと取り組んでいかなければなりません。

視察調査 高浜の下水処理場

未分類 / 2013年7月26日

CA3I00810001.jpg CA3I00800001.jpg

南部栄上ポンプ場から野母崎高浜の下水処理場に行きました。

ここは高浜地域を担当する小規模の下水処理場です。