CA3I0316.jpg CA3I0315.jpg CA3I0317.jpg

今日5月29日火曜日、麻生隆市議と佐賀県伊万里市にある木材コンビナートに調査視察に行って参りました。
ここには、
伊万里木材市場
原木を買い付け

西九州木材事業協同組合
ラミネ材を製材

中国木材
天然人工乾燥し集成材に加工

する3つの会社が隣り合い、輸送コストを徹底して削減し、役割をしっかり分担していました。

1枚目の写真は、市場で買い付けた山高く積み上げられた原木で、長崎のひのきも積んでありました。円高により外材が極端に安くなっているため、国産材、特にひのきは暴落しているとの事。ただし、韓国では空前のひのきブームだそうです。

2枚目の写真は、曲がった原木を曲がりに合わせてカットできる機械もあるラミネ材の製材工場です。

3枚目の写真は、製材時に各工場ででた木くずを集めて燃やす巨大ボイラーです。
このボイラーで得た蒸気の熱を利用し、人工乾燥などあらゆる事に使われているそうです。
なんと、道を挟んで全く違う業種の工場にまで供給されていました。

お忙しい中、丁寧にご説明していただいた林社長、伊東次長、柳沢さん本当にありがとうございました。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
長崎市 永尾春文
harusigi27@gmail.com