CA3I02970001.jpg

5月17日木曜日、東京の衆議院議員会館で2015年NPT再検討会議の第1回準備委員会の報告がありました。

この準備委員会は4月30日からウィーンで開催され、2015年再検討会議をどこで実施するのかを決める重要な会議です。
今回初めて田上市長も参加され、外務省の予算で民間から広瀬先生も同行しています。

この会議の報告を、国会議員に対し、今年新しく創設された長崎大学核廃絶センターの梅林所長、中村先生がされております。

この会合に秋野公造参議院議員が川崎県議と久市議と私を連れて行ってくれました。

田上市長も参加する予定だったと聞き、座長の長崎大学の調副学長、先ほど紹介した長崎大学核廃絶センターの先生方など、長崎が国に対して積極的にまた市民が知らない所で核廃絶に向け努力している様子を目の当たりにする事ができました。
本当にお疲れ様です。ありがとうございます。

私もこの会合の後、公明党の核廃絶委員会の外務省ヒアリングに参加してまいりました。
皆さんの核廃絶の心を心として実現に向け更に戦ってまいります。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
長崎市 永尾春文
harusigi27@gmail.com