バックナンバー 2012年 4月
CA3I0176.jpg

ここは野母崎高浜小学校のそばの道路です。

写真の右側の道路の手すりを設置しました。今回、半分設置できましたが、残り半分は今年設置する予定です。

道が狭く、よく車も道から外れて下の田んぼに落ちる。
特に夜は暗くて余計危ないと、浜添(はまぞ)地区の自治会長さんから相談を受けたのがきっかけでした。
市の関係所管の素早い対応、ありがとうございました(^_^)

CA3I0191.jpg

軍艦島展示会見学後、すぐそばにある上海航路の船を見に行きました。
天気も良く、近くで見ると、船の巨大さが分かります。
写真は川崎県議と支援者の水田さんです。
ちなみに今日4月15日船から降りたかたは約130名そのうち中国の方は、約50名だったそうです。

施設利用で一つ気になったのは、併設している駐車場の件です。
実は、ここは一般の車両は入れません。
ここに止めようとした私も警備員の方から止められました。
先ほどのピースミュージアムの方々からも、この件について、迎えに来た人も止められないし、平日はガランとしているとの事。

どんな協議で決まったんでしょうか?

DSC_0215.jpg CA3I0190.jpg

今日4月15日日曜、川崎県議と
軍艦島を世界遺産にする会設立10周年記念企画展「軍艦島 記憶の中で生き続けるものたちへ」に行ってきました。
NPO法人「軍艦島を世界遺産にする会」代表坂本道徳さんに種々お話しをお伺いする事ができました。
この展示会では、写真だけなく、細部まで再現したジオラマ(模型)があり、当時の様子が良くわかるようになっています。
坂本さんの夢は、誰もが来て見て納得する資料館を長崎に創りたいとの事。
現在、長崎市も軍艦島資料館を含めた野母崎田の子地区の再開発を検討しており、坂本さん達のお力をお借りしてより良い施設ができないかと思いました。
坂本さんご自身も、野母崎の田の子地区こそ、軍艦島が見えるロケーション、島へのクルージング、時間がゆっくりと流れる野母の土地の様子など、軍艦島資料館設置に最適だと思っているとおっしゃっていました。
ぜひ、関係者みなさんのお力を結集してより良い街づくりにしていかなければなりません。

この展示会は4月22日(日)まで、長崎市松が枝町ナガサキピースミュージアム(月曜休館)で入場料無料で開催されています。

ご興味がある方は、一度足を運んでみては。問い合わせ先095-818-4247

CA3I0183.jpg CA3I0187.jpg

今日4月13日金曜午前11時から、長崎市琴海町にある九州運輸機工株式会社リサイクル事業部に、公明党川崎県議、久市議、林市議、永尾の4人で視察に行ってきました。

ここでは、プラスチックのほとんどを再利用し、プラスチックの板や杭を製造しています。その商品名はプラスチックブレンドウッド、通称PBウッドと言います。
丈夫で腐食しないので、屋外のウッドデッキやベンチなどに利用できます。

また、平成22年7月、長崎市に、亀山社中にベンチ10脚を寄贈していただいてるんですよ。社長さん並びに会社のみなさん、本当にありがとうございました。

2番目の写真は、この材料となるプラスチック類です。
分かりますか?
車のタイヤのホイールカバーやポリバケツ、灯油のポリ容器など、ほとんどのプラスチックを再利用出来ます。

今、長崎市で行っているプラごみの回収は、あくまでプラスチック容器包装のみの回収で、先ほど上記されたホイールカバーやポリバケツ、灯油のポリタンクなどは、「燃やせないごみ」として、回収されています。

その燃やせないゴミは三重の三京クリーンランドに埋め立てられています。

より良いリサイクルのあり方を考えていかなければなりません。

CA3I0180.jpg CA3I0181.jpg

家具の名門店、馬場家具葉山本店を訪問。

現在、長崎ひのきという貴重な国産天然木を、長崎市は市有林として、広大な面積を所有しています。
ある意味、大変な財産と言えます。

これを何とかして有効な利用ができないかと考えた時、一つのアイデアとして浮かんだのが、仮称「出島民芸」です。
実は、長崎には独自の民芸家具はありません。
したがって、ふんだんな国産天然木があるなら、それを使って家具ができないかと考えました。今、若い世代にも、家具は人気です。
地産地消として、原材料の調達から家具の製造、販売できないものでしょうか?

その可能性を探りに、ここ馬場家具のベテランバイヤーの方々にこの構想について色々とアドバイスを受けに行った次第です。
現時点での結論は、ひのきは家具の材料にあまり向かないかもしれないというお話しでした。

いずれにしても、この国産ヒノキの天然木の利活用をしっかり検討して、地域雇用、経済活性化に繋げていきたいと思っております。

もう一つアイデアがありまして、観光地出島の入場券代わりに、このヒノキの天然木でパスポートを作ったらどうだろというアイデアです。
あの当時、本当に木札のパスポートがあったようです。立山の歴史文化博物館にそれが展示してありました。

長崎市の財産を有効に利用したいですね(^_^)

2番目の写真は、3階の雑貨屋さんです。
知る人ぞ知る雑貨屋さんで、なかなか他にはない珍しいものこっそりありますよ。

CA3I00040001.jpg CA3I0170.jpg

新戸町3丁目の手すりです。
使用前、使用後みたいになりましたが…

安心がまた一つ(^_^)

CA3I0167.jpg CA3I0168.jpg

わかりますでしょうか?
長崎駅の方から出島道路に入る入り口付近です。

出島道路に入る道路に緑色の点線をつけ、導入車線を分かりやすくしています。

地域の方の連絡で、駅前から来た車が、車線を間違えて、交差点で立ち往生してるのを良く見かけるとの事。
市の交通企画課がすぐ警察と連携を取り、実現。
連絡いただいた市民の方、また関係機関の方々の素早い対応ありがとうございました(^_^)

それにしても、車線を引いてみると、導入車線は、特に観光客の方など、他県ナンバーには確かにわかりづらいかもしれないと感じます。

PAP_0166.jpg

ここは東琴平1丁目の公園の土手です。
地域の方から、公園のがけが土がむき出しになって危ないとご相談がありまして、市が早急に対応していただき、きれいに整備する事ができました。
ありがとうございました。

CA3I0067.jpg CA3I0164.jpg CA3I0165.jpg

4月10日火曜日午前10時より長崎市立大浦小学校入学式がありました。
新一年生76名が入学しました。
2年生のみなさんが、元気良く歓迎のあいさつや歌を歌ってくれました。
本当に元気いっぱいで感動しました。
大浦小学校のみなさん、今年一年頑張って下さい(^_^)

3番目の写真は学校からの帰り道、南山手地区の高台から撮りました。眺めの半分も撮れません。
素晴らしい眺めです。

CA3I0066.jpg CA3I0160.jpg CA3I0162.jpg

梅香崎中学校の新入生のみなさん、入学おめでとうございます(^_^)
勉強に部活に帰宅部に頑張って下さい。

2番目の写真は、大好きな梅中吹奏楽部のみなさんです。
いつも明るくて素敵な演奏をしてくれます。今日もありがとうございました。

3番目の写真は、感動しましたので、思わず掲載しました。
簡単にいうと、理科で勉強する岩石を置いている様子です。この岩石があまり身近でないので、普通生徒たちはわかりづらいのです。ここは校内でこのように何時でも見たり触ったり出来るようにしています。これを設置した先生方の、生徒たちに少しでも分かりやすくしてあげようとされる心が本当にありがたいと思いました。
こんな所に、その中学校のあり方を、先生方の子供達に対する情熱、思いを感じるのは、私だけでしょうか(^_^)

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
長崎市 永尾春文
harusigi27@gmail.com