市民が主役の長崎(まち)づくりのため、林ひろふみは全力で取り組みます。

挑戦1 誰ひとり取り残さない!共生社会の実現

少子高齢化社会にあっては、誰もが地域の中にあって輝くことのできる環境を創っていくことが重要です。「誰も取り残さない、置き去りにしない」地域社会の構築に積極的に取り組みます。

・介護予防事業の促進

・一般就労に向けた障害者就労支援の推進

・子どもの貧困対策の強化

挑戦2 地域防災力を強化

これまでの各地での災害で浮き彫りになった課題や教訓を踏まえ、平時よりハード・ソフト両面からの備えを怠ることのない「防災意識」の高い地域づくりを目指します。

・被災者支援システムの導入

・拠点避難所の早期実現

 

挑戦3 活力と魅力あふれる長崎(まち)づくり

地方創生が新たなステージを迎える中、地域の持つ資源、強みを有効に活用し、将来にわたって持続可能なまちづくりを積極果敢に進めます。

・宿泊税導入による観光地域づくり推進

・持続可能な新しい行政体制の整備

コメントは受付けていません。