バックナンバー: 2017年 12月

厳しい寒さが続いております。インフルエンザも流行が始まっているようですのでくれぐれもご注意を、どうかご自愛くださいませ。
秋に作成できなかった活動通信ですが、何とか年内に完成しました。
つたない内容ですが、ご笑覧ください。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。00664

林ひろふみ市政調査NEWSvol.12

11月8~9日、横浜パシフィコにて開催された「第19回図書館総合展」に参加しました。

さすが、日本最大の「図書館」に関する展示会だけあって、会期中は3万人を超える方が来場されたそうです。今回は自身初めて事ですが、長崎市立図書館の「障害者就労体験事業」についてフォーラムでの事例発表をさせていただきました。

DSCF9583

長崎市では平成28年度から一般就労を目指す障害者を対象に図書館内での職場体験指導を行い、就労スキルの習得・向上を図る取り組みをスタート。私は、平成27年の2月定例会において、同様の事業を行っている川崎市での先進事例を参考に長崎市でも率先して取り組むべきことを提言し、事業の推進を後押ししてまいりました。

今回は事業実施に至った経過や、事業の必要性を中心に私が発表を行い、事業の内容や成果については図書館運営会社であるT社の事業担当者である小川さんから説明がありました。

S0019590

発表でも申し上げましたが、障害者の社会復帰への後押しと障害者自身の働きたいという意欲喚起を促す場として公共図書館を活用することができると思います。同様の事業は全国でも数が少なく、もっと多くの公共図書館に拡がっていければと願っております。