長崎市議会建設水道委員会による行政視察のため、東京都品川区に来ました。同区では、東海道53次の宿場町として歴史を有する地元商店街を中心に、様々な活動により賑わいのある人情味溢れるまちづくりに取り組んでいます。
浮世絵に描かれる品川宿の風景が浮かんでくるような昔ながらの街並みが印象的でした。まちと人、事業者をどう結びつけていくのか、住む人たちのマネジメントの力が不可欠とのコーディネーターの話は大変勉強になります。

コメントは受付けていません。