バックナンバー: 2013年 2月

2月13日(水)、母校である西町小学校で行われた「西町さるく」に参加しました。


 スタート前に校長先生のお話

◆◆”西町”に目からウロコの歴史あり◆◆
西町の歴史は約650年前の14世紀にまで遡れるとのこと。
歴史軸で言うと”南北朝時代”ですからその奥深さに底知れないものを感じました。

この西町さるくは、昨年度から地域の皆さんの強力なバックアップのもと始められたとのことですが、本家「長崎さるく」に負けず劣らず、児童の皆さんが務めるガイド、手の込んだマップなど完成度の高い内容です。

私自身、生まれ育った地区でありながら知らないことばかりで、驚きと好奇心をくすぐる話に時間を忘れて楽しみました。


 音無町の「被ばく柿の木」 今も当時の焼け跡が残る

◆◆ 歴史に学び、まちを知る ◆◆
実際にさるいてみて、本当に驚くことが多数あったのですが、なかでも「本庄の城跡」と「拘置所の記念像」は出色です。

緑が丘中学校の麓の丘に城(正確には砦に近いそうです)の跡地があったとは・・・。城にまつわる人の墓所も現存しており、古(いにしえ)の先人たちの営みに遠く思いをはせました。

長崎拘置所の敷地内には北村西望先生が試作品として製作されたミニ平和記念像がありました!
当時、現在の平和公園付近にあった長崎刑務所内で原爆死した人々を追悼するために、昭和34年に設置された、とのことなので私が生まれる前からあったんですね。改めて知っておくべき史実であると実感しました。

 拘置所内の平和記念像レプリカ

先人たちの営みや原爆の悲惨さを改めて身近に学ぶことができた、「西町さるく」。 あっという間の2時間半でした。

さるく実施にご尽力いただいた地元自治会、父兄の皆様、学生ボランティア、さらに学校関係者の皆様に心から感謝申し上げます。お疲れ様でした。

2月5日(火)、平成25年度予算に対する公明党市議団の政策要望への回答が市長からありました。


 回答書を受け取る麻生市議団長

これからの市政運営について田上市長は、「総合計画の3年目を迎え、ビジョンを実現する段階に入りつつある」と前置きしたうえで、今後実施する施策事業の基本的な在り方として「前例踏襲を排し、今何が真に必要か」を基準に取捨選択していく方針を示されました。

私たち公明党市議団で提出した政策要望は6分野104項目に亘るボリュームがあり、当局の皆様においては回答の作成にも大変なご苦労があったことと思いますが、いずれも市民目線、また現場目線で捉えた重要な課題であると自負しているところです。

急速な少子高齢化が進展するなかで、逼迫する市財政から必要な財源を捻り出すことは大変難度の高いかじ取りとなりますが、市長の力強いリーダーシップのもとに「市民にとって真に必要となる」事業の推進に取り組んでいただきたいと思います。
市議会としては「必要な事業であるか」をしっかりとチェックし、事業の効果・精度を高めるための議論が求められます。

2月1日(金)、大村市にある県環境保健研究センターで行われた「大村湾をきれいにする」湾沿岸議員連盟研修会に参加しました。


センター所長による概要の説明

「大村湾をきれいにする」湾沿岸議員連盟は、大村市議会を中心に大村湾を取り囲む市町議会の議員で構成しています。
近年環境の悪化が懸念されている大村湾を守り育てるために、議員間での意見交換や国県への働きかけなどを行っています。
年数回にわたり研修会も行っていますが、今回は湾内水質の監視、環境の変化に関するデータ分析などを担っている県環境保健研究センターを視察しました。

このセンターでは、県民の生活環境を守るうえで必要となる様々な科学的データを収集・分析しています。県の所管する研究機関は様々あるなかで、当センターは地味であまり目立たないセクションですが、実は私たちの日常生活の安心安全に欠かすことのできない重要な役割を果たしていることが分かりました。


一方にアサリを入れた2つの水槽にアオコを入れて水質浄化作用の実験を行います。


しばらくして水槽を確認すると、アサリの入った水槽の濁りは無くなっていました。