6月17日(日)、梅雨の合間を縫って開催された式見地区ペーロン大会に参加しました。


  選手宣誓の様子

28回目の今大会、旧式見村の長崎市編入50周年を祝う節目の行事としての意義が込められており、手に汗握る真剣勝負のレースとともに、お祭りのような賑やかな雰囲気を楽しめました。
レースは台風の影響により港外のうねりが高く、港内の直線距離で競う形となりましたが、各地区の皆さんはまさに老若男女総出の応援で大変盛り上がっていました。


 白熱のレースが展開

コメントは受付けていません。