6月8日(金)、ブリックホールで開催された「NPO法人ウイキャン・サポートチャリティー絵画展」レセプションに参加しました。


 
ウイキャン・サポートはその前身である「かっぱ共同作業所」(現あいる・びぃ)が創設されて以来20周年を迎えられるとのこと。
これまで障害者の方が地域で自立した生活を営むために、常に障害者の目線で地道に活動されてきた団体です。

今回のチャリティー企画「現代国際巨匠絵画展」では東日本大震災で被災された福祉団体への支援を目的に開催されます。
この絵画展には今回の企画趣旨に賛同されたフランス在住のジャネット・ルール画伯が来崎されるほか、世界の一流作家の力作が展示されています。


 ルール画伯のあいさつ

会期は6月9日から11日までの3日間で、長崎ブリックホール3階にて開催されていますので、お時間があれば、ぜひご参加いただきたいと思います。

コメントは受付けていません。