5月12日(土)、市公会堂で開催された「看護の日」記念行事に参加しました。

◆看護の心をみんなの心に◆
5月12日が「看護の日」となった由来は近代看護を築いたフローレンス・ナイチンゲールの誕生日にちなみ制定されたそうです。
1965年から、国際看護師協会(本部:ジュネーブ)は、この日を「国際看護師の日」に定めているとのことでした。

制定の趣旨として、21世紀の高齢社会を支えていくためには、看護の心、ケアの心、助け合いの心を、私たち一人一人が分かち合うことが必要であり、こうした心を、老若男女を問わずだれもが育むきっかけとなるよう、旧厚生省により、「看護の日」が1990年に制定されました。

◆在宅への流れ◆
24年度に同時改定のあった診療報酬及び介護保険法では施設から在宅への流れが鮮明となっており、看護の現場でも訪問看護へのニーズが大変高まっていると聞きます。
報道等によれば、現状ではまだ訪問看護を担う人材は圧倒的に不足しており、国等のさらなる支援も待たれるところですが、地域で、在宅で高齢者を支える社会を構築するためにも看護を担う人材の確保・育成へ向けて取り組みの強化が待たれるところです。

5月12日のおまけスナップ

夕方には地元で子どもを守るネットワークパトロールに参加

コメントは受付けていません。