4月7日(土)、長崎市公会堂で開催された暴力追放「いのちを守る」市民集会に参加しました。

本市民集会も今年で5周年。節目の年となりました。
長崎市民は、あの痛ましい事件をきっかけに、いかなる暴力も許さず、誰もが安心して暮らせるまちを築くため、懸命に暴力追放の運動に取り組んできました。
しかしながら、心を締めつけられるような痛ましい事件は未だ跡を絶たず、特に女性や子どもをめぐる凶悪犯罪は私たちの身の回りでも毎年のように頻発しています。


 橘中ハンドベル部の皆さんによる演奏の様子

現在、市内では各地域の皆さんの協力により、青色回転灯防犯パトロールを18もの団体で実施しています。
青色回転灯防犯パトロールとは、車に青色回転灯を付け、点灯させながらパトロールを行い、地域の安全を見守る取り組みです。


 詐欺被害の実例による防犯寸劇の様子

私たち一人一人の力は小さいかもしれませんが、自分たちのまちは自分たちで守るとの強い思いで、犯罪のない安心安全なまちづくりに向け、力を合わせて取り組んでまいりましょう。


  パレード終了後に市議団で

コメントは受付けていません。