1月19日(木)、会派行政視察も2日目です。今日は、富士エネルギー株式会社、鹿児島市経済局観光交流部を視察しました。
富士エネルギーさんでは、太陽熱利用システムによる、地球温暖化対策(CO2排出量の削減)、省エネルギーの推進についての説明がありました。

亘社長(左)も自ら出席してくださり、熱心にご説明いただきました。
 
再生可能エネルギーにおいては太陽光発電に目が行きがちですが、実は太陽熱を利用したエネルギーの方が変換効率が高いことがわかっていて、今、改めて太陽”熱”エネルギーに注目が集まっています。
特に同社製の真空管太陽熱集熱器では、これまでの集熱器(いわゆる温水ソーラーなど)が抱えていた問題を解消し、70~85%の高いエネルギー変換効率を実現しており、平成21年度の新エネ大賞を受賞するなど業界においても高い評価を得ているとのことでした。
現在は国の補助事業として活用できることもあり、給湯が必要な大規模施設を中心に事業展開されていますが、同システムを利用した個人住宅向けの設備が開発されれば、省エネルギーの推進に大きく寄与できるのではないかと感じました。
 
  

午後からは、「九州新幹線全線開通に伴う観光施策について」をテーマに、鹿児島市役所にて観光企画課及びかごしまプロモーション推進室からお話しを伺いました。

 鹿児島市議会会議室にて

長崎でもいよいよ西九州ルートが着工に向けて走り出したこともあり、まだ少し先の話になりますが、開業に向けた様々な仕掛けが必要になってくると思います。
鹿児島市さんでは、新幹線全線開通に向けた「観光未来戦略」として平成17年度からの5か年計画で進めてこられたそうです。様々な視点で入念な準備を経たからこそ、昨年3月の新幹線開通後の賑わい創出に成功されているのではないでしょうか。
我が長崎が、大交流時代に突入した九州の横軸としての魅力をさらに発揮できれば、現在の縦軸との相乗効果により、まさにアジア大航海時代の交流拠点として”九州”がもっと光り輝けるのではないかと思います。

コメントは受付けていません。