9月19日(月・祝)、光風台第一・第二自治会合同の敬老会に参加させていただきました。

会場の鳴見台小学校には、大変お元気な70歳以上の”人生の先輩の皆様”約70名が参加され、賑やかにそして和やかな雰囲気のなか、プログラムが進行していきます。

オープニングは鳴見台小の太鼓クラブの皆さんによる見事な太鼓演奏でした。
そのほかにも舞踊・フラダンスや大正琴・ギター演奏、そしてカラオケと、まさに盛りだくさんの内容で、あっという間の2時間です。

長崎市での高齢者人口(65歳以上)はH23.8月末現在で110,041人、全人口に対する高齢化率は24.9%になるとのこと。
すでに4人に1人が高齢者という時代に突入しています。(ちなみに、高齢化率の全国平均は22.8%)
これからの不確かな時代にあって、”皆で支えあう社会”を構築していくためには、激動の時代を乗り越えられ、社会の発展に貢献してこられた大先輩の皆様の情熱と叡智をしっかりと受け継ぐことが大事だと痛感しています。
敬老の日を迎えられたすべての人生の先輩の皆様に、改めていつまでもご壮健であることをご祈念いたしますとともに、その多大なご尽力に対して心より感謝申し上げます。
どうぞこれからも、若い私たちの世代に対する叱咤激励を遠慮なく頂きたいと思います。

敬老会の準備、運営に当たられました自治会をはじめすべての関係者の皆様に対して、心より感謝申し上げます。大変にお疲れ様でした。

コメントは受付けていません。