Archive for the ‘近況報告’ Category

皆様、新年明けましておめでとうございます。

今年も、どうぞ宜しくお願いいたします。

今日は、新年にふさわしい青空が広がり、温かい一日でしたね。

今年一年が、今日のような穏やかな一年であることを、心から願っています。

初めて議員として立候補させていただいた8年前は、3・11、東日本大震災が起こった年でした。

地域のご挨拶に回っている最中に、かつて経験したことの無いような大きな揺れが来て、その場でうずくまりました。

地鳴りとともに、電柱や、建物のきしむ音。揺れがおさまったと思うと、また、揺れが来る。

家に戻り、テレビを見て、戦慄しました。

大きな津波が次々と、家や、車を飲み込んでいく。

自然の驚異の前に、何もできない無力さに、言葉を失いました。

流山市と姉妹都市である、福島県相馬市でも、多くの方が亡くなり、甚大な被害を受けました。

原発事故も重なり、流山市も、ホット・スポットになりました。

ガソリンの不足。計画停電。

東北から遠く離れた流山市でも、様々な影響がありましたが、東北で被災された方々の苦しみや悲しみを思うと、これから議員として活動していく私は、何をするべきか、何が出来るのか。

考えながら、声を聴きながら、走り続けた日々でした。

放射能測定器を持ち、流山中を駆け回りました。

防災対策を訴え、子供が多く集まる学校や、公園などの施設に、放射能数値を明記した看板も設置してもらいました。

震災の翌年、有志で、相馬市の仮設住宅を慰問させていただきました。

なんとお声掛けしてよいかわからず、ただ寄り添うだけでした。

その後、4年間、毎年相馬市の仮設住宅に行かせていただきました。

復興は年々進み、仮設住宅も縮小され、コンサートを聴きに来てくださる方達にも、笑顔が見られるようになりました。

東北の方たちが、本当の意味で、元の生活に戻ることは難しいことだと思います。

でも、少しでも、希望をもって生きていただきたいと思います。

そのために、私たちにできることは、震災を忘れないこと。

公明党の原点でもある、民衆と共に、民衆のために。

再び、原点に返り、一人の声を大切に、議員として、流山市民の皆様のために、走ってまいります。

早いもので、今年も残り少なくなりました。

皆様にとって、今年はどのような一年だったでしょうか?

平成最後となる今年の一文字は「災」でしたね。

本当に災害の多い一年でした。

新しい年は、災害の少ない一年となることを、心から願います。

多くの市民の皆様から頂いた声に、一つ一つ取り組んだ一年。

全てが思った通りの結果にならない案件もありましたが、

いじめ防止や、がん検診率向上の取り組み、熱中症対策などに取り組み、

一歩一歩、前に進むことが出来たと感じています。

これからも、皆様の、一人の声を大切に、

子育て支援、高齢化対策に、しっかり取り組んでまいります。

寒さも本格的になってきます。お身体に気を付けて、

新しい一年が、皆様にとって、素晴らしい一年になりますように。

 

 

予算要望画像皆様の力強いご支援をいただき初当選させていただいてから2期8年間、市民の皆様から、多くのご要望をいただき、一つ一つ取り組んでまいりました。

その間、子育て支援、高齢化対策、動物愛護の取り組み、文化芸術の振興など、様々なテーマに取り組ませていただきました。

この度、来年4月に行われる市議会選挙において、公明党本部より公認をいただき、3期目に挑戦させていただく事となりました。

2期8年間培ってきた議員力を発揮し、これからも、市民の皆様の声を、市政に届けていきたいと思っております。

なにとぞ、皆様の力強いご支援を賜りますよう宜しくお願いいたします。

 

  皆様からの、力強いご支援により、二期目に当選させて頂きました。

支援して下さった全ての方に心より御礼申し上げます。

今日からまた、流山市民の皆様の為に、元気一杯走ってまいります。

昨日(3月7日)は流山市文化会館で、平木大作参議院議員をお迎えし、公明党時局講演会が開催されました。私も、一期4年間の実績、決意を、述べさせて頂きました。
夜にもかかわらず、寒い中駆けつけて下さった皆様に心から感謝申し上げます。これからも全力で頑張ってまいります。

20150307_時局講演会

おおたかの森駅から江戸川台に抜ける道が開通したことで、事故が、多発していた、通称三角公園付近。平成27年度中の信号機設置を要望していますが、設置までの間、少しでも交通安全対策が出来ないかと、三角公園の角の植栽を移設していただき、脇道からの見通しが良くなりました。

988930_683312281780139_8683683963614159447_n

皆様、新年あけましておめでとうございます。

昨年一年は、議員3年目として、教育福祉常任委員として、流山市の教育や福祉に関する多くの議案を審議してきました。

また、3月議会では予算委員をさせていただき、委員会最終日の採決後、付帯決議として、子どもの医療費助成を通院についても小学校6年生まで拡充することを提案させていただき、全会一致で可決されました。その結果昨年12月診療分から、助成が実現しました。

また、かねてから一般質問で取り上げてきた成人用肺炎球菌ワクチン接種についても、10月からの定期接種に該当しない年齢のかたについても、後期高齢者広域連合の助成金を活用し、助成がうけられるようになりました。

本年も、皆様の声をしっかり受け止め、より暮らしやすい流山市めざし、市政に反映させてまいります。

本日、千葉市内で、第15回千葉県本部大会が開催され、千葉県内全議員が集い、本年度の総括と共に、今後の活動方針について、確認しました。

公明党は本年11月17日に結党50周年を迎えます。

「大衆とともに」の立党精神の元、「中道」の旗を高く掲げ、更なる個々の議員力アップ、公明党ならではのネットワーク力で、今後とも皆様の為に尽くしてまいります。

かねてから要望が多かったことから、昨年一般質問し、度々要望してきた期日前投票所が

おおたかの森出張所内に設置される事が決まり、要望が実現しました。

これからも、皆様の声を実現できるよう、取り組んでまいります。

質問:八木南団地の今後の公共下水道整備計画については、

当初平成24年度事業認可取得を目指し計画が進められていたが、

東日本大震災後、計画は大幅に遅れている。現状と、今後の計画について問う。

答弁:八木南団地の整備は概ね平成31年度以降と考えているが、

八木南団地については、早い時期から要望されており、

今後の景気動向による、国の財政状況の変動を見ながら、

可能な限り早く事業着手できるよう努めていく。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
流山市 斉藤真理
mari.antonio.saito@gmail.com