質問:八木南団地の今後の公共下水道整備計画については、

当初平成24年度事業認可取得を目指し計画が進められていたが、

東日本大震災後、計画は大幅に遅れている。現状と、今後の計画について問う。

答弁:八木南団地の整備は概ね平成31年度以降と考えているが、

八木南団地については、早い時期から要望されており、

今後の景気動向による、国の財政状況の変動を見ながら、

可能な限り早く事業着手できるよう努めていく。

 

質問:流山おおたかの森駅周辺は、人口増加により、小さな子供さんも急増しているが、

「小児科医院が無い」との声を良く聞く。駅周辺に小児科医院誘致の計画はあるか

                           

答弁:流山おおたかの森駅東口のテナントビル内に、

小児科医院の開業が決まったとの情報を得ている

         

質問:流山おおたかの森駅から運動公園に向かう3・3・28号中駒木線は、

まだ未完成なため、途中から街路灯が全く無くなり、真っ暗な道となる。

防犯の意味からも、早急に街路灯を設置すべきと思うがどうか

     

答弁:ご指摘の沿道については、造成整備を進めていることから、道路照明を設置していないが、

利用者も増加しており、道路完成まで、まだ時間がかかることから、利用者の安全を考慮し、

歩道が整備されている区間の照明については、前倒しで設置するよう、県と協議していく

 

 

現在流山市の65歳以上の方は40,225人

2021年には、48,359人になると推計されています。

高齢化社会を迎えるに当たり

高齢者の方を対象に配布している「救急情報ネックレス」を

本市でも導入してはどうか、について質問しました。

流山市では、「救急情報キット」の配布を行っています。

これは、救急情報を書いた紙を筒に入れて、ご自宅の冷蔵庫に保管し

災害時や、ご自宅で意識を失うような事態が起こった場合、この情報が役に立ちます。

しかし、外出先での災害や様態の急変には対応できません。

このネックレスのすぐれている点は、いつも身に付けていることができる、ということです。

健康福祉部長の答弁でも、「住み慣れた地域で安心して暮らし

また、外出時の安心を支援するのは、まさに、地域包括システムと言える」

と大変前向きな答弁でした。

鈴鹿市では対象者に無料で配布していますが

流山市では、現段階での無料配布は無理の様です。

そこで、一般質問をするにあたり、事前に何人かの方にご意見を伺いました。

「所得に応じた負担にすることで導入できるなら、有料でもいいと思う」

「認知症傾向のみられる母も救急情報ネックレスがあればとても安心」

「地域見守り活動はこれからとても大切だと思うが、外出先での見守りまではできない。

こういった物があれば、見守る側にとっても安心だ。」等のご意見がありました。

今後も、時期を見て再度質問していきたいと思います。

平成24年第1回定例会に一般質問し、その後度々要望してきた、中央図書館の手すりがやっと設置されました!

 

● かねてから要望してきた流山郵便局前に信号機が設置されました。

● 事故が多発していた三輪野山2丁目交差点の安全対策について、平成25年12月議会で一般質問し、このたび、交差点に発光鋲が設置されました。引き続き信号機設置に取り組んでまいります。

● 地球温暖化の影響もあり、年々ゲリラ豪雨など、短時間に強い雨の降る頻度は増加しており、雪印ひらかた団地や、三輪野山地域での浸水被害については度々要望があり、その都度、市に対策を訴えてきました。平成24年9月議会の一般質問でも取り上げ、今回、浸水被害緩和対策として、雪印ひらかた団地、三輪野山1丁目の側溝、集水桝の工事が実施されました。

今議会は、平成26年度の予算審査特別委員会で、公明党会派を代表し、委員をさせていただき、4日間にわたる審議の中で、約100項目にわたる質疑をさせていただきました。

平成26年度一般会計予算は、新市街地地区に建設中の小中併設校と、市民総合体育館が建設される事から、流山市始まって以来の、500億円を超す予算となり、それによって、市民福祉や市民生活などに影響がでないか、又、財政調整積立基金(市の貯金)を17億5000万円取り崩すことから、今後の市の財政にどのような影響を及ぼすのか、更に、予算化されている事業の費用対効果をどのように算出しているかなど、市民の皆様の血税が、無駄なく、的確に財政運営がなされるよう、様々な観点で、質疑させていただきました。

評価する点としては、かねてから要望してきた、浸水多発地域解消のための「三輪野山地区総合治水対策事業」や、市内小中学校全校のエアコン設置事業、市内2か所の認可外保育所補助事業など、公明党が提案してきた事業が盛り込まれており、今後も、さらに取り組んで頂きたい点として、八木南団地など、公共下水道未整備地域の早期実施、第1、第2、第3コミュニティーホームの老朽化対策などを強く要望し、賛成といたしました。

今後も、適切な予算執行がなされるよう、しっかりと見守っていきたいと思います。

◎ U字溝のフタが破損し、危険だった為、修繕を依頼。きれいになりました。

◎ 見通しの悪いT字路にミラーが設置されました。

◎ リニューアルしたトイレの表示。かわいいですね。

◎ 視察した中では、一番老朽化していたトイレ。

◎ トイレ前の男女共有の手洗い場。

◎ リニューアルされたトイレ。女子トイレは淡いピンク。とてもきれいでした。

◎ 自費で食べさせていただいた、給食です。とても美味しかったです。

◎ 事故の多かった古間木第三コミュニティー前交差点に注意喚起の看板を設置。

◎ 流山市文化会館裏の危険な噴水を駐車スペースに改修。

<改修前>

<改修後>

◎ 市野谷地域にカーブミラーを設置

◎ 市内の各防災倉庫に備蓄品一覧表を設置。

◎ 市内の公園等に放射線量を明記した看板を設置。

新年、明けましておめでとうございます。
早いもので、皆様からのご支援を頂き市議会議員となって、もうじき三年になります。
その間、皆様からの様々なご意見やご要望を、少しでも市政に届けたいとの思いから、毎回の一般質問をはじめ、皆様からの市民相談に、心を込めて取り組んでまいりました。
今期の後半は、教育福祉委員をさせて頂いています。福祉の党、公明党の議員として、流山市の更なる教育、福祉の充実の為に、頑張ってまいりますので、この一年も、どうぞ宜しくお願いいたします。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
流山市 斉藤真理
mari.antonio.saito@gmail.com