現在流山市の65歳以上の方は40,225人

2021年には、48,359人になると推計されています。

高齢化社会を迎えるに当たり

高齢者の方を対象に配布している「救急情報ネックレス」を

本市でも導入してはどうか、について質問しました。

流山市では、「救急情報キット」の配布を行っています。

これは、救急情報を書いた紙を筒に入れて、ご自宅の冷蔵庫に保管し

災害時や、ご自宅で意識を失うような事態が起こった場合、この情報が役に立ちます。

しかし、外出先での災害や様態の急変には対応できません。

このネックレスのすぐれている点は、いつも身に付けていることができる、ということです。

健康福祉部長の答弁でも、「住み慣れた地域で安心して暮らし

また、外出時の安心を支援するのは、まさに、地域包括システムと言える」

と大変前向きな答弁でした。

鈴鹿市では対象者に無料で配布していますが

流山市では、現段階での無料配布は無理の様です。

そこで、一般質問をするにあたり、事前に何人かの方にご意見を伺いました。

「所得に応じた負担にすることで導入できるなら、有料でもいいと思う」

「認知症傾向のみられる母も救急情報ネックレスがあればとても安心」

「地域見守り活動はこれからとても大切だと思うが、外出先での見守りまではできない。

こういった物があれば、見守る側にとっても安心だ。」等のご意見がありました。

今後も、時期を見て再度質問していきたいと思います。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
流山市 斉藤真理
mari.antonio.saito@gmail.com