Archive for 2011年 4月

皆様の暖かいご声援で市政の場に立たせて頂くことになりました。
皆様の貴重なご意見を必ず市政に届け「笑顔あふれる街」を目指してまいります。

絶大なご声援を頂いている方から応援歌を作っていただきました。
この場をお借りして、ご紹介させて頂きます。

「斉藤まり応援歌」

1.笑顔あふれる 街づくり
 小さな声を届けます
 教育のこと 介護のこと
 なんでも 聞かせてね
 斉藤まり 斉藤まり
 ハートは燃えている!

2.みんなにやさしい街づくり
 お年寄りにも子供にも
 流山の未来創る
 すてきなメロディーで
 斉藤まり 斉藤まり
 We Love 流山!
 
3.ひとりひとりが がんばれば
 大きな力になっていく
 笑顔で勝つ 情熱で勝つ
 勇気で大勝利!
 斉藤まり 斉藤まり
 あなたは ナンバーワン!

※公職選挙法上の理由により、御礼を申し上げることができません。何卒、ご了承ください。

大震災から一ヶ月。
先日、TVで、被災された漁師の方が語っていらした言葉が心に染みました。

「俺達は、海からの恵みを頂いて生きて来て、その海に裏切られ、そして又海に帰って行く。その決意の旗を掲げるんです」
津波の被害を免れた大漁旗は、復興への思いを込めて、変わり果てた浜を見下ろす高台に、力強く青空にはためいていました。
頑張れ!負けるな!
そんな人々の思いと同じように、今年の桜も、天に向かって爛漫の花を咲かせたのかもしれません。

流山でも、毎日余震が続き、福島原発事故による放射能汚染、日本経済の先行きと、皆が不安な気持ちを抱えています。

そんな時だからこそ、支え合いの社会を、安心、安全な街作りが大切だと私は、思います。

国民の命を守り、暮らしを支え合う「安全・安心の日本」「支えあう日本」を実現することが今の政治に求められています。私たちの公明党は皆様のその思いにお応えできるように全力で、頑張ってまいます。

未曾有の大災害からもうすぐ1か月になります。

今だに1万人以上の方が行方不明であり、こうしている今も懸命な捜索活動が続けられています。

非常に大変な状況の中で、被災地では、復興に向けての取り組みが徐々に始まっています。

私がみなさんとお話しさせていただく中で、幾つかの貴重なご意見を伺いました。

これからの流山の防災対策を考える上で大切な事だと思いますので、この場をお借りしてご紹介したいと思います。

一番多かったのは、計画停電についてです。
節電に協力するのは良いが、いつ自分たちの地域が停電になるのかといった情報が解りにくいという事をみなさんお話しされていました。

私は、流山市が配信する安全・安心メールで、計画停電や放射能関係の情報を知る事ができます。

もちろん、TVやインターネットでも、色々な情報を知る事が出来ます。

しかし、携帯もパソコンもTVも自由に使う事ができない高齢者の方達は、計画停電の詳細な情報が入手しにくく、毎日不安な気持ちでいらっしゃる方も少なくありません。

市の広報車や防災用スピーカーも場所によっては聞こえない地域もあるようです。

計画停電は、ひとまず終了するようですが、大切なことは、もっと速やかに、大事な情報を、高齢者などの必要としている方々に伝えているのかということだと思います。

こう言うご意見を大切にし、すぐに対応することが必要だと思います。

今回の大震災を機に、家庭の防災対策について見直されたご家庭も多かったと思います。

地域の避難場所の確認、転倒防止の措置、防災用品の点検等、いざという時に被害を最小限にくい止める準備を心がけたいものです。

厳しい現実の中で、 私たちの街にも桜の花が咲き始めました。

私も、支えあうまち、思いやりのあふれるまちの実現に微力ながら頑張ってまいります。

頑張れ 日本! 東北! 流山!

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
流山市 斉藤真理
mari.antonio.saito@gmail.com