Twitter
外部リンク
サイト管理者
長野市 田中清隆
tanaka@nkomei.com

Archive for 2015年 7月

田中きよたかは、目指します。

 Exif_JPEG_PICTURE

教育問題は今すぐに!

豊かな人間性を育む教育の充実を!

子どもたちの未来の為、教育問題に全力で取り組みます。

・不登校、いじめ対策を推進します

・特別支援教育の充実をめざします。

・放課後児童教育を推進します。

より良い暮らしの充実を!

高齢者・障がい者困っている人を孤立させない地域づくりを推進します。

子育て世代のお父さん・お母さんを応援します。

・高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らせる地域包括ケアシステムの構築を進めます

・がん対策の推進、予防医療アレルギー対策の拡充を図ります。

・生活困窮者支援の体制を整備します。

大切な未来のために

活気あふれる地域づくりを

中小企業を応援します。

長野の食と農業の活性化に努めます。

・若者の雇用を推進し長野を元気にします。

・ワークライフバランスの実現、女性の社会進出を総合的に支援します。

環境政策に取り組みます

地球やすべての命にやさしい地域を。

長野の自然を守ります。

・未来を見据えた環境教育の充実に取り組みます。

・省エネルギ―対策の普及推進に努めます。

・再生可能なバイオマスの利用を進めます。

ミニ街頭演説

私は、小児マヒで、右手足が不自由な中、懸命に生きて来た父と、けなげに父を支え、3人の子供を育ててきた母に感謝の気持ちを片時も忘れず、命を守る政治を信条として、今日まで、おひとりお一人の声に耳を傾け、長野市議会本会議で、また委員会で質問に立ち、皆様のお声を形にする事ができました。この6月からは、お母さん自身と生まれてくる赤ちゃんのために、妊婦の歯科健康診査が1回無料で受けられることになりました。更級歯科医師会より推薦状をいただくことができました。もことにありがとうございます。また、少子化が急速に進む長野市に於いて、18歳以下の子供が3人以上いる多子世帯の経済的負担を軽減し、子どもを生み育てやすい環境を整えるため、第3子以降にかかる保育所・幼稚園・認定こども園等の保育料軽減がこの4月から実施されました。

今後も、長野の元気と、安心のために、防災士の資格を活かしながら、高齢者・障がい者・困っている人を孤立させない地域づくりの推進、豊かな人間性を育む教育の充実、産業振興政策、環境政策に取り組んでまいります。

公明党ネットワーク街頭

漆原衆議院議員と太田公明党県代表とともに街頭演説を行いました。炎天下の中、大勢の皆様にお集まりいただきまして心から感謝申し上げます。

あつい誕生日

本日は、36.5℃最高温度更新しました。
私が生まれた日も、こんなに暑かったのかと思うと母に感謝です。
そして、ケーキとバースデイカードを妻と子供たちからプレゼントをされ、感激です。

電気自動車普及拡大のための急速充電スタンド設置

田中きよたかは、地球やすべての命に優しい地域を目指します。
長野の自然を守ります。
長野市では、電気自動車の普及に不可欠な電気スタンドの設置は、自動車販売店のみで、スタンド設置が進まなければ、EVの普及は難しい状況です。行政の支援がないとEVスタンドの普及が進まないとの指摘もあります。そこで、市の考えを議会で質問しました。
民間事業者との連携も視野に入れて、充電インフラの整備について、検討する。第二次長野市環境基本計画及び長野市地球温暖化対策地域推進計画に掲げる施策の効果的な実施を図り、本市の特性に合った低酸素なまちづくりの実現を目指すとの回答をいただきました。
中条の道の駅に「充電スタンド」設置の運びとなりました。

ペレットストーブの普及拡大

田中きよたかは、地域資源活用と地球温暖化防止対策に取り組みます。
平成22年12月議会の質問から。
長野市のバイオマスタウン構想が3月に策定されました。木質バイオマス利活用としてのじんわり暖か、手軽さも魅力のペレットストーブがあります。このストーブは、森林整備から出た間伐材を粉砕、圧縮して作られる木質ペレットを利用しております。また、市内産のペレットが出荷される中、更なる普及が望まれます。そこで、ペレットストーブを含めた木質バイオマスの取り組みの現状と普及に向けた取り組みを伺いました。
平成20年度から長野県の森林整備加速化・林業再生事業を利用して、長野市森のエネルギー推進補助事業を実施している。今後の普及促進に向けて、新たな補助制度も検討していくとの答弁を頂きました。

環境図書コーナーの設置

田中きよたかは、未来を見据えた環境教育の充実に取り組んでいます。
環境を軸とした成長を進めるうえで、環境保全活動や行政、企業、民間団体等の協働がますます重要になっています。長野市に於いても、更にさまざまな自発的な活動を支援し、その基盤となる環境教育等の推進に取り組む必要性を強く感じ、本市の環境教育の現状と課題を2014.3月議会で質問しました。また、長野市における環境ブックの読み聞かせ及び環境関連図書コーナーの設置の取り組みを伺いました。田中きよたかが提案した、読み聞かせについて、教育委員会などと連携を図り、早期実現に努めるとの答弁を頂きました。

空き家バンクの設立

2014.9月議会で質問致しました。
長野市は、国の人口推計で将来予想されている人口減少に歯止めをかけることを目的に部局横断の人口減少対策本部を設置しました。「定住人口の増加」「交流人口の増加」「特色ある地域づくり」の3施策の中で定住人口増加に関連した質問をしました。
空き家の情報発信の支援に対する具体的な計画の質問に対し、地域振興部長から、住民自治協議会と連携を図り、空き家バンク制度を創設し、市のホームページを通じて全国に情報を発信する。さらに、移住・交流推進機構のホームページなどへの情報の提供についても検討するとの答弁を頂きました。

中小企業経営安定化対策として、融資の緩和促進

2013年3月議会において、3月末で、金融円滑化法が終了するため、中小零細企業の不安が増大しているが対策について、市に問うた結果、本市の「緊急借り換え資金」について、平成26年3月末まで期間を延長するとの答弁を頂きました。設備投資の資金について、利率を始め融資限度額等の見直しを行い、より使いやすい制度になりました。25年度から特別小口融資の利率が1.9%から1.8%に、また、環境対策支援基金が2,1%から1.9%になりました。田中きよたかは、中小企業対策を応援します。

公明党チーム力で推進・ながのプレミアム商品券

2015・7・14
日用品から高額商品まで、2000店舗以上で使えます。
お店・事業所の紹介が公開されました。