Archive for 2016年 2月

市内の子どもたちが一生懸命「平和への願い」を込めて折ってくれました。

1年間の各地区の子ども会の発表会です。それぞれ工夫した発表でした。未来は君たちのもの応援してますよ。

山々が見渡せる絶景のロケーションで、温泉施設や囲炉裏がある古民家です。残念ながら宿泊客が減っているなど、赤字が続いています。囲炉裏で焼くお焼きが珍しく、多くの観光客に来て欲しい、一押しの施設と感じました。

しっかり勉強してまいります。

アメニテイフーラム3 (2)アメニテイフーラム1アメニテイフーラム5

障害当事者の方々や、その支援者、施設や事業所で働く方々や又厚生労働省の担当者、国会議員など総勢1,500人規模の研修会です。身体、知的、精神の障害が総合支援法によって統合され、施設から地域へ、措置から支援費制度に変わっていく中、今回で20年の節目を迎えた勉強会でした。朝から夜中まで様々な講座や勉強会、当事者やその家族の話もあり大変盛りだくさんの内容です。増加傾向の発達障害への対応や社会的養護の必要な子どもに対する支援などしっかり勉強していきます。

長野市の中山間地域では人口減少の影響で子ども数が減って来ています。地域にとって大切な学校を将来的にどのようにしていったら良いか?昨年から学校デレクターが地域の小学校と中学校を担当し将来像を探る取る組を行っています。そんな中、26年4月に開校した、沼津市の小中一貫校を視察しました。津波や地震などにも対応できる防災拠点にもなっている海の近くに建てられた4階建ての一見マンションのような景観の校舎で、広々とした廊下が印象的です。先生方は皆小学校、中学校両方の免許をお持ちで、小学校から教科担任制を取っています。一番のメリットは中1ギャップの解消との事。9年間を4年3年2年に分け自身の夢に向けて諦めずに進む子どもたちの育成を心掛けています。この学校をパイロット校として全市の学校に研修を通じて良い影響を与えていきたいとの説明を受けました。校舎ももちろんですが、3小学校と1中学校を統合するまでの地域との合意形成、広くなった校区の地域との関わりなど大変努力されていて、その点でも大変参考になりました。

公明党長野市議員団で松代町の寺町商家を視察しました。
松代には、文武学校を始めとする文化財が点在しています。今年は、NHKの大河ドラマ真田丸の放映があり、真田氏が築城した松代城や真田宝物館もあります。多くの観光客が来ていただけると期待されています。今回は江戸時代末期から質屋を営んでいた旧金箱邸を修理保存し、地域の皆様の協力でランチやお茶なども楽しめるようになっている。寺町商家を視察し、今後の街づくりなど大変参考になるお話を聞かせていただきました。点在した文化財を回遊し楽しんで頂ける仕組みが必要と痛感しました。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
長野市 小林秀子
hideko@nkomei.com