人口減少の中・公共施設の老朽化が問題となり、将来世代に負担を先送りせず人口規模に合った公共施設の再編と高機能化が重要視されている。長野市はオリンピック施設がある分他市よりも公共施設が多く、市民理解を得ながら規模は縮小しながら機能を複合化などにより充実させていくことが望まれている。議会では特別委員会を設置し、調整研究している。今回は、さいたま市、焼津市、豊中市を視察した。人口規模や取り組み手法は異なるが、長野市より早くから取り組んでおり、縦割り行政の弊害を超えて行財政改革に全庁的に取り組んでいる印象を持った。組織編成を含めて、どう全庁的な取り組みとするか、又市民に対してもわかりやすいシンポジュウムや説明会などを積極的に開催し意識の共有を常に図っていくことが大切だと感じた。大変参考になる視察だった。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
長野市 小林秀子
hideko@nkomei.com