Archive for 2015年 6月

梅雨の季節が到来し、市内各地で豪雨による災害や避難勧告が多発される状況が続いているなか、市の委託を受け建設業協会で8000袋の土嚢づくりがサンマリーン跡地で行われ、建設企業委員長として参加しました。
梅雨にもかかわらず、今日は朝から晴天が広がりました。
建設業協会の皆様には先の神城地震の際も災害復旧にご尽力いただいたり、豪雪時にも除雪など、市民の暮らしの安全安心のためにお力添えをいただき感謝に耐えません。
「どうぞ皆様熱中症には気を付けて作業をよろしくお願いいたします。」
と心からお願いいたしました。

・生活困窮者支援せんたー「まいさぽ長野市」の課題について
1、相談者の急増に相談員を増員すべき
2、自立支援は職場確保が課題、中間的就労の場の確保や働く場の確保
・生活困窮世帯の子どもへの学習支援について
・電力自由化の市役所の対応について
・開院二〇周年を迎えた市民病院について(人間ドックの枠の拡大)
など行いました。
詳しくは」長野市議会ホームページで視聴ください。

快晴のもと、古牧小学校のグランドで古牧地区住民自治協議会と古牧グランドゴルフ協会の協賛でグランドゴルフ大会が開催されました。私も来賓として参加し、始球式の一打に冷や汗を流しました。小学生やその親、そしておじいちゃんとおばあちゃん世代が一緒にステックを片手に、グランドゴルフに楽しんでいます。地域の絆を確認する一日になりそうですね。

生活困窮者自立支援法の制定から2年。
長野市でも4月からふれあい福祉センターの2階で生活就労支援センター「まいさぽ長野市」がスタートしました。生活困窮で様々な困難に直面している方に寄り添い、抱えている悩みを解決し自立を支援する力強い支援施設です。
昨年は七瀬のガード横のビルを借り試験運行の状況でしたが、市から社会福祉協議会が委託を受け、本格スタートとなったものです。ひとりひとりに寄り添い丁寧に取り組んでいただいており、就職に至るケースも出てきていました。
相談者の多さや就職先の開拓の問題もお聞きし、支援員の増員や働く場の確保など6月議会で取り上げる予定です。

昨日とは打って変わって大晴天に恵まれて、運動会が賑やかに行われています。子ども達の笑顔と応援する大人達の歓声がこだまして、賑やかな1日です。みんな精一杯がんばれ!

久しぶりの雨、草木や畑には恵みの雨となりました。
残念ながら、運動会はグラウンドがぬかるんでしまい順延です。校庭では、水溜まりの解消やグラウンド整備に校長先生はじめPTAの皆様が汗を流して下さっていました。感謝です。
明日の運動会が楽しみです。

公共施設の在り方調査研究特別委員会で今後の在り方が検討される予定のオリピック施設のスパイラルとアゼリヤ飯綱、フルネットセンターなど利用状況や老朽化の程度など担当課から説明を受けながら視察しました。
今日の視察を踏まえて、今後の議論を深めたいと考えています。写真はスパイラルの劣化の状況です。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
長野市 小林秀子
hideko@nkomei.com