6月29日のポンプ操法大会に向けて練習が始まった。消防団は仕事の傍ら地域の消防力向上に寄与している頼もしい存在。毎年その技能を披露する大会が行われている。長野市には多くの分団があるため4年に1度披露する機会が回ってくる。大会に出るのは代表5人だが、本番の操法大会並みに練習できる環境を皆で整える。団員たちは平日の5時から7時までの練習に加え、日曜日は9時から12時までみっちりと練習を行うことになる。私も第6分団の一員として彼らとともに心身の鍛錬に挑戦したい。無事故で大会当日を迎え、団結の力で勝利できるようできる限りお手伝いし、頑張りたい。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
長野市 小林秀子
hideko@nkomei.com