長野市通明小学校で6年生全員に認知症サポーター講座が行われ、市議団で視察させていただきました。こどもたちに理解しやすくするために、ボランテイアの婦人たちが人形劇団を結成。身近な問題を取り上げていただきとても解りやすく、感動的でした。参加した女子児童は「ひいおばあちゃんが認知症だけど、これまでどう接したらよいかわからなかった。ひいおばあちゃんが間違えても暖かく接したい。」と感想を話していました。長野市では、大人に対する認知症サポーター事業に取り組んでいますが、このようなこども対象の事業もとても大切だと認識しました。高齢化社会を明るくするにはこどもたちの力が必要ですね。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
長野市 小林秀子
hideko@nkomei.com