不要になり、家などで眠っている「入れ歯」には貴重な金属などが含まれ、リサイクルすることで世界中の恵まれない子どもたちを支援することができる。その活動を支援する活動を「日本ユニセフ協会」で行なっていることを知り、私たち公明党長野支部でも、市内の公共施設でも回収ボックスを設置していただくなど、回収を後押ししていただけるよう、長野市長に要望しました。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
長野市 小林秀子
hideko@nkomei.com