Archive for 2011年 6月

不要になり、家などで眠っている「入れ歯」には貴重な金属などが含まれ、リサイクルすることで世界中の恵まれない子どもたちを支援することができる。その活動を支援する活動を「日本ユニセフ協会」で行なっていることを知り、私たち公明党長野支部でも、市内の公共施設でも回収ボックスを設置していただくなど、回収を後押ししていただけるよう、長野市長に要望しました。

6月14日東松島市で震災ボランテイアに参加しました。大震災から3カ月経っているにもかかわらず道路以外のがれきの撤去は進んでいるとは言い難く、状況は予想以上で民家の床下にたまったヘドロの搬出に汗を流してきました。床下には5センチの高さに一面ヘドロがつもり、異臭を放っています。ヘドロは水分を含んでいるため予想以上に重く、作業の場所が畳の部屋の床下だったため、身動きもままならず、チーム力で乗り切れました。7人で何とか土嚢袋70袋程度の搬出ができ、喜んでいただきました。多くのボランテイアの必要性を実感しました。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
長野市 小林秀子
hideko@nkomei.com