札幌市視察

今日は、公明党長野市議員団視察で札幌市のオリンピック施設の現状と札幌オリンピックミュージアムについて学びました。
視察会場は、大倉山ジャンプ台のオリンピックミュージアムにて行ないました。45年前の札幌オリンピックの施設もまだ11施設あり、内5施設が札幌市で管理となっており、他は北海道、民間、陸上自衛隊などで管理でした。札幌市もオリンピック施設は長野市以上に老朽化ですが、2026年のオリンピック招致に向けて改修など考えて行くようです。
オリンピックミュージアムは、長野市のエムウェーブ同様オリンピックミュージアムネットワークに加入していますが、オリンピックで地下鉄、道路などこのように町が発展したとか、ミュージアムネットワークを活用し過去の冬季オリンピックの説明とメダルを展示など素晴らしいと思いました。
シュミレーションでのウィンタースポーツの体験はたくさんあり楽しい内容となっていました。ジャンプ台やオリンピックミュージアム改修で113億をかけたようで、お金をかけたことだけはありました。長野市にあったミュージアムの在り方を考えたいと思います。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
長野市 松井英雄
matsui@nkomei.com