menu
バックナンバー 2019年 2月
dsc_2184.jpg

午前中は愛大で行われたJDDnetセミナーの「企業と当事者家族をつなぐ働きたいを支援~作業療法士としての介入事例より~」「教育と就労の連携~東京での試みについて」の二題を受講し雇用者側の理解の必要性を感じました。
公務員の障害者水増し雇用問題で、松山市でも雇用率目標達成に向け、年度途中に募集をかけました。将来的な安定を望み、今回の募集を心待ちにされていた方から、
正職員を望まれていることをお聞きしました。様々な課題はあると思いますが、正職員雇用に取り組んでいただきたいと思います。
午後からは子ども食堂設立準備についてのセミナーに参加。民の力で現在実行されているお三方からのお話しをお聞きし、志の高さとボランティア精神に感動しました。

collage-1550536719406.jpg

2/16,17に開催された
「まつやま農林水産まつり」に参加しました。
「フードバンク」「食品ロス」について150名の方々にアンケートにご協力いただきながらお話しをさせていただきました。フードバンクについては初めて聞いたと言われる方がほとんどでしたが、ご説明させていただくと「機会があれば協力したい」と多くの温かいお声をいただきました。
食品ロスについては国が事業者に対して過剰な恵方巻き作製の自粛を促進したことで広く知られるところとなったようです。「あの恵方巻きで問題になっとったね」と多くの方が言われていました。家庭に於いては食べ残しのないように気をつける等みなさんの「もったいない」意識の高さがうかがえました。
出店されている事業者の方のお声もお聞きすると、棄てるのはもったいないのでどうにかできないかと思っている
というお声もありました。フードバンク活動について知っていただく必要性を改めて感じました。

19-02-15-22-26-19-416_deco.jpg

高松市で行われた中国四国農政局食品企業課主催のフードバンク活動の促進に向けた情報交換会に参加しました。
まだ食べられるのに廃棄される食品を「食品ロス」といいます。日本では年間約646万トンの食品ロスが発生しています。これは国民一人あたり
お茶碗約一杯分を毎日棄てていることに相当します。【もったいない】ことです。

食品ロスの削減を図るとともに、支援を必要としている方々に、まだ十分に食べられる食品を届ける役割を担っている「フードバンク」をもっと応援しなければならないと考えます。
フードバンク活動のことを私自身も、もっと勉強したいとの思いから、今日の「フードバンク活動の促進に向けた情報交換会」に参加させていただきました。
実際にフードバンクへ食品を寄附されている株式会社ハローズの商品管理室長様のお話は大変勉強になりました。

明日、明後日行われる「第13回まつやま農林水産まつり」に於いてフードバンク活動の広報としてチラシ配布をさせていただくことになっています。
今日学んだことも紹介しながら広報活動を行いたいと思います。

本日19:00~は松山市地域交流センターで行われた第3回 議会報告会に出席。
意見交換会では参加して下さった市民の皆さんから多くのご意見をいただきました。大変有意義な議会報告会であったと思います。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
松山市 長野昌子