menu

DSC_1047
県主催の性犯罪・性暴力被害者のためのワンストップ支援センター相談員養成講座の初回としてSACHICOの加藤治子代表の講演があり専門会議のメンバーとして参加させていただきました。
加藤先生は「性は大切に守らなければならない人権であり、同意なく不平等な関係のもとで強要された性的行為はすべて性暴力である」ことを訴えられました。
具体的な話のなかで子どもへの性暴力についても言及されました。聞きながら犯人に対して怒りが込み上げてきましたが現実として受け止め子ども達を守るためにできることについて考えたいと思いました。性暴力の加害者は被害者の子どもに「秘密だよ」と言って外部に漏れないようにするそうです。加藤先生が言われました。「子どもは秘密を守らなくていい」と。本当にその通りだと思います。子どもは勿論大人も被害者が相談できる仕組み作りの必要性を改めて感じました。

その後市民相談の老朽化して危険な街灯のある現場を確認に伺いました。
しっかり取り組んで参ります。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
松山市 長野昌子