menu
dsc_0456.jpg

大正12年(1923)9月1日に関東大震災が起きたこと、また、暦の上で台風の多い時期に当たることから、昭和35年(
1960)に「防災の日」が9月1日に制定されたそうです。
何も起こらないに越したことはありませんが、いつ起こるかわからない災害への備えは必要です。
今日、市役所の公明党控室に居るとき地震で庁舎が揺れました。幸いにも震度2でしたので騒ぎにもならず収まりましたが…。普段からの心の準備と物の準備が大切だと感じた瞬間でした。女性の視点できめ細かい防災への取り組みをしっかりおこなっていきたいと思います。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
松山市 長野昌子