Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
長野市 勝山秀夫
katsuyama@nkomei.com

坂井市では、オープンデータの取組について調査をしました。
取組の経緯
平成24年、国の高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部が、「電子行政オープンデータ戦略」を策定。
「電子行政オープンデータ戦略」は
◎行政の透明性・信頼性の向上
◎国民参加・官民協働の推進
◎経済の活性化・行政の効率化
を目的としている。
平成25年版「情報通信白書ICT白書 総務省編」で取り上げられた「鯖江市」を先進事例として研究した。
そして、平成25年5月8日から坂井市HPでオープンデータ公開を開始した。
オープンデータの公開状況
◎観光
◎医療・福祉
◎避難施設
◎ハザードマップ
◎公共交通
◎公共施設、官公庁
◎学校、幼保園等
などの分野で16のデータを公開している。
県や近隣自治体との連携
公共データ利活用17市町村部会を設けて、避難所一覧・公共施設情報・ごみ収集日一覧・ごみ分別一覧などを共有している。
オープンデータの公開については、福井県全体が先進地域になっており、今回は坂井市で調査をさせて頂いた。
今後は「災害時の避難場所等への誘導」、「観光場所・観光施設への誘導」を期待しているとの事。あくまでも開発は民間企業が行うので今後の動向に注視したい。
長野市において現在、オープンデータを公開しております。
統計
防災
子育て
教育
食品・生活環境
地理情報
ICT
の分野で行われているが、効果などを確認して次の展開を研究して行きたいと感じました。

コメントは受付けていません。